あおり運転の知られざる原因!? クルマのデザインが「怒り顔」になった理由とは

クルマの世界も弱肉強食!? 怒り顔がドライバーに与える影響とは?

 メルセデス・ベンツやBMW、アウディなどは、フロントマスクで明確なブランド表現をしています。しかもその表現の仕方は、近年エスカレートしてきました。

グリルのエンブレムがセンサーの役割も果たすメルセデス・ベンツ
グリルのエンブレムがセンサーの役割も果たすメルセデス・ベンツ

 例えばメルセデス・ベンツの場合、かつてのセダンは緻密にデザインされたメッキグリルの上に、小さなエンブレムを立てるのが伝統的な手法でした。グリルの中に大きなエンブレムを収める形状は、空気抵抗を軽減させたいスポーツカーの「SL」だけが使っていました。

 それがいまでは、緻密なメッキグリルはほとんど使われず、セダンからSUVまで大きなエンブレムをグリルの内部に収めています。

 これはメルセデス・ベンツの世界的な戦略とされますが、いかにも「ベンツだぞ!」というデザインには、販売店からも疑問の声が聞かれます。

 メルセデス・ベンツの販売スタッフは、次のようにいいます。

「個人的には、最近のメルセデス・ベンツのエンブレムは、ちょっと目立ちすぎだと思います。グッチとかルイ・ヴィトンのロゴを大きくプリントしたTシャツみたいな感じで、ひけらかしている印象が強いです。

 お客様のなかにも、従来のグリルに変えられないかという要望がございます。

 以前は車種によって変更できるものもありましたが、いまは難しいです。というのも、グリルの内側には、緊急自動ブレーキなどの各種センサーを収めているからです。

 センサーの役割を果たしているので、単純にグリルだけを交換することはできないのです」

 メッキグリルの上に小さなエンブレムを立てると、歩行者と接触した時に加害性が生じるといいますが、高級車の「Sクラス」や「マイバッハ」はいまでも立体エンブレムを踏襲しています。Sクラスやマイバッハが歩行者保護を軽視しているはずはなく、矛盾が生じます。

 いまの各メーカーやブランドの顔立ちは、統一された表現をしながら、競うように目を吊り上げた怒り顔にするなどインパクトを強めています。

 以前はフロントマスクが穏やかだったアウディも、2000年代に入ると開口部を大きく見せる「シングルフレームグリル」を採用しました。

 極端ないい方をすれば、前走車のルームミラーに映ったときにインパクトがないと、道を譲ってもらえないなどの不都合があり、クルマの売れ行きにも影響を与えるのです。そこで世の中のクルマが全般的に怒り顔になったというわけです。

 これは、弱肉強食的な世界観でもあるでしょう。存在感の強い怒り顔で、前方の車両に道を譲らせながら、自分は追い越し車線を突っ走る感覚です。

 昨今の状況を考えると、あおり運転を連想します。あおり運転をするのが怒り顔のクルマとは限らず、問題があるのはもちろんドライバー自身ですが、弱肉強食的な世界観とデザインが与える心理的な影響も皆無ではないと思います。

 自動車メーカーは、クルマとドライバーの心理を、脳科学の観点も踏まえて多角的に研究しています。例えばアームレストなど内装の肌触りは、赤ちゃんの肌と同等の摩擦にするとリラックスできるとか、スイッチを押した時の感触なども含めて多岐にわたります。脳波や心電図でスタッフを測定しながら、心身ともに最良の状態で運転できる開発を進めています。

 そうなると安全の観点から、クルマのデザインが、ドライバーの運転に与える影響にも力を入れて研究すべきでしょう。道を譲らせながら走る弱肉強食的な運転は、危険に繋がるからです。逆にドライバーに優しい運転をさせるデザインがあれば、安全性も高められるといえます。

※ ※ ※

 優れた安全装備が採用されていても、運転の仕方が乱暴では意味がありません。ドライバーに優しい運転をさせるデザインが確立されると、交通事故の防止に一層の効果が上がるのではないでしょうか。

 フロントマスクなどクルマの外観は、機能の表現でもあります。優しい運転をさせるデザインは、造形にとどまらず、優しく運転できるクルマ造りに結び付きます。

 街中を走るクルマに怒り顔が減り、優しいクルマが増えると、安心して暮らせる街づくりにも繋がると思います。

トヨタ車は怒りがち!? あおり運転を助長しかねない怒り顔のクルマとは (33枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

Writer: 渡辺陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、2001年にフリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を得意とする。

1 2

最新記事

コメント

11件のコメント

  1. 同意します。まあ、クルマ会社は、まさに世界企業の意志を体現してますから、そうなってしまうのでしょうが。しかし、日本のようなこんな狭い国土に、これだけクルマを溢れかえらせたクルマ会社も、それにブレーキかけずに好きにさせた政府も、断罪されるべきですね。

  2. 怒り顔だから煽りに繋がるのはどうなの?
    実際にフロントマスク見ながら運転してるわけじゃないし、走りながら自分のマスク思い出して走る人も中々いないと思うよ。
    この人はトヨタを批判する記事多いみたいだけど、ずっとトヨタを好きで乗り続けてる私には至極不快。しかもラインニュースみたいな誰もが見るところに載せたら車乗らない人やこれから考えてる人にも悪影響。
    勝手に批判したいなら静かにやってよ。
    新型ヴェル乗りだけど、そこら辺の軽やファミリーカーよりよほどマナーとモラル持って走ってますから。
    譲り合い精神すらない人たちをまず叩いたらどうですか?

    • お言葉ながら、クルマに乗っている人は死んでもお分かりにならぬと想像しておりますが、歩行者の側からみると、そうでなくてもクルマの「顔」は怖く見えますよ。それがいまや車体デザインまでその「威嚇」の度が上がっていますから、怖い怖い。一度でかまいません、車に乗らず幅員5メートル未満の「生活道路」を半日ほどお歩きになってみて下さい。どんなにクルマ大名が威張り腐っているか、身に染みてお分かりになりますよ。

    • フロントマスクがいかつくなって、下品な現行車達の何れも欲しい車になり得ない。歩行者の立場でも不愉快に思うほど不細工で怒った顔。車に乗ってても、後続車や対抗車が怒り顔だらけで、(この車は何をそんなに怒ってるんだろう?)って感じる。
      もう新車で買うことはないんだろうな。

  3. 完全に同意です。最近の特にトヨタのミニバンのフロントマスクは筆者の言う通りイカツくて下品に思います。運転している当人は全くその気は無くても、後ろに付かれるだけで、あおられている気がして不快です。世相を反映した大衆迎合的なデザインは売れるのかも知れませんが、シンプルなデザインも作って欲しいと思います。

  4. 車に罪はない。乗り手に問題があるだけ。
    怒り顔?かっこよく決めた顔じゃなくて??
    車のせいにしないでほしい。
    逆に可愛らしい車でも乗り手に問題があれば煽り運転はおきる。

    • お言葉ですがクルマほど「罪なモノ」はありませんよ。あなたにも提案します。半日程度でよろしいから、車に乗らず徒歩で、5メートル未満の生活道路を歩いてみて下さい。どれほど「クルマ大名」が威張り腐っているか、身に染みてお分かりになりますよ。

  5. そうか、煽り運転は自動車メーカーの仕業だったのか 納得

    • 反語でないとみなして、そのお言葉に賛意を表します。

  6. 完全に同意します。車がみんなたれパンダみたいなデザインになれば、煽りトラブルが少しは減るのではと思います。
    ブランドロゴのひけらかしがかっこ悪いのは、金色のロレックスが特殊な自由業の人に人気であるのにも通じます。

  7. 後ろから現行CH-Rが来てルームミラーに映った時、怖くて震え上がってしまった。
    その際に身体が一瞬硬直してしまい、事故を引き起こしそうになってしまった。

    個人的には特に近年のトヨタ系デザインには「公衆衛生を害する」として訴えたくなるくらい恐ろしい。

    デザインの善し悪しは夫々の好みの問題だから正解は無くて難しい。

    でも、「個性」を出さなくてはと言いながらその個性が「不良の様な見た目をする」ことでしか表現出来ないのならばこれ程哀しいことは無い。或いは「分かりやすい」個性なのかもしれないが、それはつまり我々の個性、多様性に対する理解がその程度のレベルでしかないのだとも感じてしまう。

    例えば個性的でありながらも「品のある」デザイン。
    「個性」や「多様性」を重視するなら、売れる売れないやトレンドで持て囃される「攻撃的な個性」以外の個性も有って然るべきだし、それが成り立たない「画一的な市場」を我々も作り出している。悲劇だ。