• くるまのニュース
  • ライフ
  • 甘く見てはダメ! 台風の日に運転は危険! どうしても運転しなければいけない場合の注意点とは

甘く見てはダメ! 台風の日に運転は危険! どうしても運転しなければいけない場合の注意点とは

8月から9月は暑さが厳しくなる一方、台風が発生しやすい季節でもあります。台風が近づいているときには、運転を控えることが望ましいですが、通勤や仕事などでクルマを運転するとなると、そうはいきません。そこで、台風の時の運転で気を付けたいポイントについて紹介します。

大前提として、台風のときはなるべく運転をしないことが重要

 これからの時期、8月から9月は台風が発生しやすい季節です。

 台風が近づいているときには、雨や風により危険な状態になることもありますので、運転だけでなく外出そのものも控えることが大前提となります。ただし、どうしても運転しなければならないこともあります。そこで今回は、台風の時の運転で気を付けたいポイントについて紹介します。

台風による集中豪雨で道路が冠水する恐れもある
台風による集中豪雨で道路が冠水する恐れもある

●速度を落として運転する

 台風が近づいているときには、通常よりもクルマの速度を落として運転するのが原則です。とくに大雨により視界が悪い状態や、強い風が吹いている場合には、事故や横転の危険性があります。また、強風により落下物が飛んでくる可能性も。そういった危険を回避するためにも、前を走るクルマが急ブレーキを踏んでも対応できる速度で、慎重に運転するようにしましょう。

●片手ハンドルで運転せず、きちんと両手で持つ

 強風の中を運転するときには、両手でハンドルを持って運転するのがベスト。片手ハンドルで運転していると、強い風にあおられたときにハンドルが取られてしまいます。普段から両手でハンドルを持つことを心がけておきましょう。

 強い風にあおられてハンドルを取られてしまった場合、慌てて急ハンドルを切ることは控えましょう。強い風にあおられても、体感ほどクルマが流されていないことが多く、その場合、急ハンドルはかえって危険になります。

●昼間でもライトをつけて走行する

 台風で大雨が降っている場合、いくらワイパーを動かしても、降り注ぐ強い雨により視界は不鮮明です。また、対向車が巻き上げる雨水によって、視界が塞がれてしまうことも。そのような状態で運転していると、前を走るクルマとの車間距離がわからなくなってしまったり、対向車線をはみ出してしまう危険があります。

 そこで大雨のときは、時間を問わずヘッドライトを点けるようにしましょう。ヘッドライトを点灯することで、対向車に自車の存在を知らせことができます。

 また、バックランプよりも明るい「リアフォグランプ」を点灯することで、後方車に自車の存在を知らせて追突事故を防ぐことができます。自身のクルマにリアフォグランプが装着されているかどうか、いちど確認してみてください。

●高速道路の運転はなるべく避ける

 高速道路は一般道よりも速度が出ているため、台風接近時の走行は危険が伴います。

 強い雨と風により視界が悪くなるほか、風により落下物が飛んでくる危険性もあります。また、タイヤと路面の間に水が入って、タイヤが浮いた状態になり滑ってしまう「ハイドロプレーニング現象」も起きやすくなります。

 そのため、台風接近時には高速道路での走行は避けるのが得策です。もし、高速道路の走行中に豪雨や強風に遭遇した場合には、慌てずにサービスエリアなどに入り、天候が落ち着くまで避難するのも手でしょう。

超危険!台風の日に運転するならこんな道路に注意(画像9枚)

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント