燃費性能なんて気にしない! 令和に残る国産車燃費ランキングワースト3

現在発売されている新型車は、どれも燃費性能に優れたクルマばかりです。しかし、なかには燃費性能を気にせずパワーを追い求めたクルマも存在します。そこで国産車のなかで燃費が悪いクルマワースト3を紹介します。

現在発売されているクルマでもっとも燃費性能が悪い車種は何?

 近年の新型車は、燃費性能に配慮されて設計されたクルマが多く、ハイブリッドカーなどの特殊なメカニズムを搭載しない車種でも高い燃費性能を発揮するものが増えてきました。

ランクインした国産モデルは何?
ランクインした国産モデルは何?

 クルマの低燃費技術といえば、国産自動車メーカーのお家芸といえるところがあります。そのため、国産車からクルマ選びをすれば、どのモデルでも一定以上の燃費性能を持つと考える人は多いのではないでしょうか。

 しかし、なかにはパワーを優先するあまり、10km/Lを切るクルマが存在し、現在でも販売されている車種もあります。そこで、国産現行モデルのなかでのJC08モード燃費ランキングワースト3を発表します。

 各章で紹介する情報は、いずれもモデルのなかでもっとも燃費が悪い仕様の情報です。

 なお、2019年8月時点でWLTCモード燃費のみの発表となっているクルマは除外しています。

●ワースト1位:レクサス「LX」

 ワーストランキング第1位となったのは、レクサスSUVの最上級モデル「LX」です。JC08モード燃費は6.5km/Lとなっています。

 搭載されるエンジンは5.7リッターV型8気筒で、最高出力は377馬力、最大トルクは534Nmを発揮します。

 車両重量は2730kg(3列シート仕様)と、市販車のなかではかなりの重量級です。駆動方式はフルタイム4WDとなっており、こちらも燃費面では不利といえるでしょう。

圧倒的な燃費だ! レクサス LXの詳細情報はコチラ

●ワースト2位:トヨタ「ランドクルーザー」

 LXに次いで燃費が悪いクルマは、トヨタの本格4WD車「ランドクルーザー(200系)」です。JC08モード燃費は6.7km/Lとなっています。

 このクルマは、ボディなどをLXと共有していますが、搭載されるエンジンには違いがあります。

 最高出力318馬力/最大トルク460Nmを発生する4.6リッターV型8気筒エンジンが搭載されていて、車両重量は2690kg(ZXグレード)と、こちらもかなりの車重といえます。

 しかし、LX/ランドクルーザーはどちらもフルタイム4WDシステムや強靭なシャシに支えられた圧倒的な走破性をもっていることから、燃費性能にしわ寄せがあっても仕方ないといえるのかもしれません。

●ワースト3位:レクサス「LC」

 レクサス・トヨタの本格クロカンモデルにつづいて、3位に入ったクルマは、ラグジュアリー2ドアクーペのレクサス「LC」です。JC08モード燃費は7.8km/Lとなっています。

 LCは、ハイブリッド仕様の「LC500h」とガソリン仕様の「LC500」がありますが、今回ランクインしたモデルはガソリン仕様です。ちなみにハイブリッドモデルはJC08モード燃費が15.8km/Lを記録しています。

 ガソリン仕様のスペックは、5リッターV型8気筒エンジンを搭載し、最高出力477馬力/最大トルク55.1kgf・mを発揮するというもので、車両重量は前出のSUV2車種と比べると軽めの1960kg(“L package”と“S package”)です。

 駆動方式は全車FRで、電子制御10速オートマチックと組み合わされることで余裕ある加速を実現します。

※ ※ ※

 2019年8月現在、WLTCモード燃費のみ発表されている国産車でもっとも燃費の悪いクルマは日産「GT-R」の7.8km/Lですが、一般的にWLTCモードの測定値はJC08モードより数値が悪くなるといわれているので、LCよりGT-Rの方がカタログ燃費では上といえるでしょう。

 今回紹介した車種はいずれも趣味性が強く、こだわりを持って選ばれることの多いクルマばかりです。

 これから先、こういった燃費性能の悪いクルマが販売され続けるかはわかりませんが、いつの時代になっても運転する楽しみやこだわりのあるクルマが存在しつづけることを願いたいものです。

燃費よりパワー優先! な国産モデルたちを画像で見る(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント

17件のコメント

  1. 皆様お疲れ様です、車選びに燃費第一の方はまず車好きの方とは思えません。車に乗って移動する事はすでにエコとは違います。運転する事が楽しい車が一番ですよね!

    • それはあなたの思い込みであり、ただの驕り高ぶり以外の何者でもありません。
      運転という行為が楽しいので燃費は良いに越したことはないのです。
      あなたは一般的に人気のある大衆車を腐して越にひたっているだけに見えます

    • 運転好きはエコカーの選択肢は十分にあるけど、車好きとしてエコカー選ぶのは理解できないかな。

    • 車を足として考えるか、運転する喜びと捉えるかで違うんじゃないかな。コメ主の言う事はよく理解できるし。

    • >田中だよ さん
      それはあなたの思い込みであり、ただの驕り高ぶり以外の何者でもありません。
      運転という行為が楽しいので燃費は良いに越したことはないのです。
      あなたは一般的に人気のある大衆車を腐して越にひたっているだけに見えます

      「越」→「悦」な(笑)
      それからクルマ選びは個人の趣味の問題だからね。『性に合わない』って事なんだな、と許容して「そういう意見もある」と受け入れる事も大事かと。

  2. 現行車ではありませんが、もっと悪いクルマあります
    マツダ ユーノスコスモ(20B) カタログ値リッター3.6km 実際にもリッター3くらいしか走らなかったとか

    • そうですね、40年位前当時のロータリーは爆速でこれより速い車はなかったように思う。
      マツダのカペラのロータリーも爆速でリッター2~3Km、勿論ベタ踏みですけど。

  3. でもさ〜エコカーで月に1000kmと燃費悪く100kmしか乗らないのなら?ごめん燃費でガス代違うね環境だね〜

  4. メガクルーザーもぜひ入れてください。

  5. レクサスのLC500のスペックが…『ガソリン仕様のスペックは、5リッターV型8気筒エンジンを搭載し、最高出力477馬力/最大トルク55.1Nmを発揮』と、トルクの単位が間違っていて(@_@)ビックリ
    燃費以外はよい車なので、修正願います。m(_ _)m

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

  6. 40年位前当時のロータリーは爆速でこれより速い車はなかったように思う。
    マツダのカペラのロータリーも爆速でリッター2~3Km、勿論ベタ踏みですけど。

  7. 好きな車に乗るのが一番、そもそもトヨタは車種多過ぎだし今はカローラシリーズが一新されカローラスポーツも人気。
    日本にはプリウスしかないわけじゃないし、こういう記事自体不毛(笑)。
    自分は平成16年式の後期型ステージア4WDに今も乗ってます、ハイオク仕様で実質燃費リッター5~6Kmだけど気にしたこと無いなぁ。

  8. 昔は燃費の表示が60キロ定地燃費と言われていて、今とは計測方法が全く違うので、実燃費と掛け離れていたもんだ。

    だから、今は走り方や走るエリアや混み具合により、カタログ数値を大幅に更新することも多い。

    ってか、なんでカウントダウンにしなかったの?一位から発表って興味削がれるじゃん(笑)

  9. 燃費を気にするなら、自動車には乗らないほうがよろしい。コスモの事を書いている方がいたけど、正に3キロ平均で、真っ直ぐで勝負すると2.5キロかな。
    ブレーキはゲキ弱で、飛ばしてるとアクセルワークでコントロールして、程々にブレーキングしないと変な臭いがしてきて、効かなくなるよ。
    今のオートマドライバーみたいに、アクセル離したらすぐブレーキ踏む様な運転はフェードして涙目だわね。

  10. 2004年式のトヨタ・ノアを新車で買いましたが、リッター5㌔でした。その前に乗ってたFDもリッター5㌔でした。私の方が勝ちですね(笑)

  11. 私が以前乗っていたキャンピングカーは6キロメートルでした。ダイナトラックベースのガソリンカーです。あまりにも燃費が悪いのでいやになりました。今乗っているのは軽トラベースで燃費は16キロです。