トヨタの人気セダン対決! 日本意識のクラウンと北米育ちカムリの違いとは

トヨタには、日本のセダンを代表する「クラウン」と、世界中で売れているセダンの「カムリ」が存在。同じ2.5リッター4気筒エンジン+モーターのハイブリッドを搭載する両車を比較していきます。トヨタを代表する2大セダンにはどんな違いがあるのでしょうか。

日本を代表するクラウンと、世界の売れているカムリ

 トヨタには、日本のセダンを代表する「クラウン」と、世界中で販売されているセダンの「カムリ」がラインナップされています。トヨタの2大セダンにはどのような違いがあるのでしょうか。

トヨタの2大セダン! クラウンとカムリ
トヨタの2大セダン! クラウンとカムリ

 クラウンは、日本車のなかでもっとも伝統ある車種のひとつで、トヨタ車のなかでも「ランドクルーザー」などとともに長い歴史を持ったモデルです。

 1955年に初代モデルが登場して、2020年に生誕65周年を迎えます。トヨタの最上級セダンとして伝統を継承し、歴史を刻んできました。

 クラウンは、高級セダンとして当然のように素直なハンドリングと運動性能、快適な乗り心地が得られやすい伝統のFR方式を採用。

 2018年6月に15代目モデルへと進化したクラウンのチーフエンジニア・秋山晃氏は、次のように語っています。

「初代クラウンが誕生した創業期の意志を継承し、『日本人の頭と腕』で、もう一度世界を驚かせたい。そんな気概で開発を進めてきました。デザインや走り、コネクティッド、すべての面でお客様にハッとしていただけるようなクルマに仕上がったと実感しています」

 クラウンの搭載するパワーユニットは、バリエーションに富んでいます。2リッター直列4気筒直噴ターボ、2.5リッター4気筒エンジン+電気モーター、そしてレクサス車が先行して採用した3.5リッターV型6気筒+モーターのマルチステージハイブリッドの3種となります。

 このうち、有段ギヤを組み合わせているマルチステージハイブリッドは、低速から力強い駆動力を生み出します。

 また、低速域から高速域までシステム効率の高い動作点を選択し、EV走行領域も拡大することで感動的な走りと燃費性能に優れた快適なクルージング走行を両立しています。

 組み合わせる10段変速制御のトランスミッションは、あらゆる走行シーンにおいて、エンジン回転数をドライバーの意図に対し忠実に変化させ、応答性の良いモーターアシストを可能とし、アクセル操作に連動したダイレクトな加速フィーリングを実現したといいます。

※ ※ ※

 一方のカムリは、1980年にセリカのセダンバージョンとして「セリカ・カムリ」の車名で登場します。この初代の後輪駆動(FR)セダンはカリーナの姉妹車でした。その後、1982年には、FFレイアウトを採用した現在の車名「カムリ」として一新し、グローバルに販売を開始しました。

 カムリはこれまで、「トヨタのグローバルミッドサイズセダン」として、米国で15年連続乗用車販売台数No.1をはじめ、100カ国以上の国や地域で販売され累計1800万台超えを達成しているモデルです。

 日本では、2017年7月に8代目として登場した現行型カムリは、トヨタの新プラットフォーム「TNGA」の採用や構成部品などすべてをゼロから開発することにより、「美しいデザイン、意のままの走り、上質な乗り味」を実現したといいます。

 トヨタはカムリの開発コンセプトを次のように説明しています。

「走りや乗り心地などクルマとしての基本性能を鍛えるとともに、先進技術・機能を通じ環境性能や安全性をさらに高めています。このふたつの要素を徹底的に追求することで、両者が相まって数値では表せない価値を生み、カムリをお客様の五感に訴えるクルマに昇華させることが8代目モデルのコンセプトです」

 日本市場において、米国仕様にあるガソリンエンジン車は設定されず、2.5リッター4気筒ガソリンエンジン+電気モーターのみをラインナップ。基本的には、クラウンの2.5リッターハイブリッド車と共通のユニットを搭載していますが、駆動方式が異なりFF方式のハイブリッド専用モデルです。

 新プラットフォームのTNGAにより全面刷新された新型トランスミッションである8速ATを採用。世界トップレベルの伝達効率を実現するとともに、多段化、ロックアップ領域の拡大により、ドライバーの意のままに反応する走りを実現しています。

日本市場を意識したクラウンと北米育ちのカムリ どっちがイケてる?(画像32枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント