太陽光発電で走行できるトヨタ「プリウスPHV」を開発 公道での走行実証開始

トヨタ、NEDO、シャープは、太陽光発電で走行するテスト車を製作し、2019年7月下旬より公道での走行実証をおこなうと発表しました。

ソーラー発電があれば充電しなくてもよくなる!?

 トヨタ、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)、シャープは、高効率の太陽電池を電動車に搭載することでEV航続距離や燃費向上効果の検証を目的とした公道走行実証を、2019年7月下旬から開始すると発表しました。

太陽光発電で走行できるトヨタ「プリウスPHV」実証車
太陽光発電で走行できるトヨタ「プリウスPHV」実証車

 この実証をおこなうにあたり、シャープはNEDO事業の一環として開発した世界最高水準の高効率太陽電池セル(変換効率34%以上)を、車載用にモジュール化して太陽電池パネルを製作。

 トヨタは、プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」のルーフやフード、バックドアなどに同パネルを搭載し、定格発電電力を約860Wまで高めた実証車を製作しました。

 実証車では、発電電力を大幅に向上させたことに加え、市販の「プリウスPHV」では太陽光で発電した電力を駐車中に駆動用バッテリーへ充電していましたが、実証車では走行中にも行えるシステムを採用。EV航続距離や燃費の大幅向上が見込めるといいます。

 トヨタは、愛知県豊田市や東京都などにおいて、さまざまな走行条件下で走行実証をおこない、太陽電池パネルの発電量や駆動用バッテリーへの充電量などのデータの検証を通じて今後の車載ソーラー充電システムの開発に活かすとしています。

 なお、実証データの一部は3者で共有し、NEDOが主催する「太陽光発電システム搭載自動車検討委員会」などで、CO2削減効果をはじめ、充電回数低減などの利便性向上効果などを評価し、運輸部門を含めた太陽電池パネルの新規市場創出とエネルギー・環境問題解決へのさらなる貢献を目指す予定です。

ルーフやボンネットにソーラーパネルを満載したトヨタ「プリウスPHV」実証車の画像を見る(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント