レクサス新型「RX」登場! 世界初のハイビームシステムを搭載し、2019年8月発売予定

レクサスは、ラグジュアリーSUV「RX」をマイナーチェンジ。「RX」は、グローバルに展開するレクサスブランドの中核モデルです。どのような進化をしたのでしょうか。

ラグジュアリーSUV「RX」のマイナーチェンジ

 レクサスは、外観デザインや快適性の向上、安全面の進化などあらゆる部分を刷新した、ラグジュアリーSUV「RX」のマイナーチェンジを2019年5月30日に発表しました。

世界初の技術を採用した新型「RX」

 RXは、グローバルに展開するレクサスブランドの中核モデルとして、1998年に登場。以来、ラグジュアリーSUVの先駆者として全世界で人気です。

 今回のマイナーチェンジでは、フロント/リアバンパー、グリルメッシュ、フォグランプ、リアコンビネーションランプのデザイン変更やヘッドランプの小型化をおこなったほか、新たに2色のカラーバリエーションを追加しています。

 快適性の部分は、インパネの中央に位置するマルチメディアシステムをタッチディスプレイ化し、スマートフォン連動に対応。さらに、充電用USB端子を前2口、後2口と追加しています。
 
 また、3列シート車に設定されている3列目のシートポジションを2段階に改良。これは、足元の空間を広げたポジションと、ラゲージスペースを重視したポジションをシーンに合わせて選択可能です。

 スポット溶接の打点や構造用接着剤の面積を増やすことで、ボディ剛性を向上させ優れた乗り心地を実現。また、サスペンション周りやアンダーステア抑制機能などの改良によって操縦安定性を高めています。

レクサス RXの詳細を見る

 安全面においては、従来の予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」の機能を強化ならび追加することで、交通事故や事故死傷者の低減とドライバーの負担軽減を目指します。

 また、新型「RX」はLEDの光を適切なタイミングで点灯・消灯し、配光を細かく調整するブレードスキャン式AHSを世界初採用しました。

 これにより、ハイビーム時の照射範囲を広げられるほか、対向車や先行車を眩惑することなく早く歩行者や標識を認識することができます。

 さまざまな最新技術の投入で、さらなる進化を遂げたラグジュアリーSUVの新型「RX」。日本では、2019年8月下旬の発売の予定です。

【了】

どこが変わった? 新型「RX」を画像で見る(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント