ドッカンターボのじゃじゃ馬ばかり 高性能コンパクトカー5選

高性能なコンパクトカーのことを「ホットハッチ」と呼びますが、1970年代から1980年代は多数のホットハッチが世に出ました。そこで、これまでに販売された国内外の高性能コンパクトカーを5車種ピックアップして紹介します。

山椒は小粒でもぴりりと辛い。超ホットなコンパクトカー5車種

 現在、コンパクトカーに求められる性能は、経済性と安全性が重視されています。したがって、むやみに馬力があるコンパクトカーは極端に数が減ってしまいました。

「ブルドック」の愛称で呼ばれた「シティターボII」

 しかし、1970年代から1980年代にかけては、動力性能を飛躍的に向上させたコンパクトカーがたくさん出現し、いわゆる「ホットハッチ」と呼ばれました。

 そこで、かつて販売されていた国内外の高性能なコンパクトカーのなかから、5車種をピックアップして紹介します。

●日産「マーチスーパーターボ」

日本初のツインチャージャーが搭載された「マーチスーパーターボ」

 初代日産「マーチ」は1982年に発売され、世界戦略車として国内のみならずヨーロッパでもヒットしたコンパクトカーです。

 デザインは巨匠ジウジアーロによるもので、奇をてらうことなくシンプルな造形となっており、マーチをベースにした「Be-1」「パオ」といった派生車が登場するなど、優れたベーシックカーでした。

 1988年には、モータースポーツベース車の「マーチR」を発売。エンジンは1リッター(930cc)直列4気筒SOHCで、ターボに加えスーパーチャージャーも装着され、最高出力は110馬力を誇りました。

 翌年、このマーチRをベースに公道走行に適した仕様とした「マーチスーパーターボ」が発売されます。

 出力は110馬力とマーチRから変わらず、スーパーチャージャーによる低速域のパワーと、ターボによる高速域のパワーを両立しており、全域に渡って高い性能を発揮しました。

 770kg(5MT)と軽量なボディでしたから、その速さは他のリッターカーを凌駕していましたが、パワーステアリングなどは装備しておらず、ハイパワーなFF車にありがちな「じゃじゃ馬」的なハンドリングだったようです。

●ダイハツ「ブーンX4」

現代の羊の皮を被った狼「ブーンX4」

 かつてダイハツはモータースポーツ活動に力を入れていたころがあります。主に「ダートトライアル(フラットな土のコースで速さを競う)」や閉鎖した公道で行われる「ラリー」です。

 そのための競技車両として「ストーリアX4」や「ブーンX4」が開発されました。今回紹介する2006年発売のブーンX4は、ベーシックなコンパクトカーである初代ブーンをベースに、エンジンを936ccの直列4気筒DOHCターボに換装し、最高出力は133馬力と、同クラスで最高値をマークしています。

 駆動方式もフルタイム4WDが標準で、トランスミッションは5MTのみ。サスペンションも標準車よりチューニングされ、高い走行性能を誇っていました。

 通常のモータースポーツベース車のほかに、快適装備が充実した「ハイグレードパック」が用意され、普段使いに適したモデルとなっていました。

●フォルクスワーゲン「ゴルフGTI」

元祖ホットハッチとの呼び声が高い「ゴルフGTI」

 現在販売している7代目フォルクスワーゲン「ゴルフ」には、スポーティグレード「GTI」がありますが、その最初のモデルは初代「ゴルフ」から設定されていました。

 初代ゴルフはマーチと同様にイタリアの工業デザイナー、ジウジアーロによるデザインで、すでに前時代的だった「タイプ1(ビートル)」に比べ、モダンでスタイリッシュな外観に。

 GTIは1976年に発売され、チューニングされた自然吸気の1.6リッター直列4気筒エンジンを搭載。燃料噴射装置が採用され最高出力110馬力を発揮し、最高速度は180km/hに達しました。

 外観も大きめのフロントスポイラーや、オーバーフェンダーが追加され、スポーティに演出。さらにいまのGTIにも採用されている、フロントグリルの赤いラインとGTIのエンブレムも、すでに初代に装着されていました。

 なお、初代ゴルフGTIは残念ながら日本で正規販売されず、わずかな台数が並行輸入で入ってきているのみで、非常に希少な存在です。

超ホットなコンパクトカーを画像でチェック(24枚)

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

ENDO にコメントする コメントをキャンセル

1件のコメント

  1. 個人的に、6代目ファミリアのGT系が入っていないのが残念です。
    B6ターボにフルタイム4WDシステムが憧れでした。