レクサス新型「RC F」が進化! 走りを極めた「パフォーマンスパッケージ」新設定

レクサスのスポーツクーペ「RC F」がマイナーチェンジを受けました。軽量化・空力を中心に改良が加えられ、スポーツ走行をより楽しめる運動性能を実現したほか、走りを極めた「パフォーマンスパッケージ」が新たに設定されました。

パフォーマンスがさらに向上した新型「RC F」

 レクサスのスポーツクーペ「RC F」がマイナーチェンジし、2019年5月13日に発売されました。価格(消費税込)は、1021万909円から1099万6364円です。

レクサス「RC F“Performance package”」

 より一層のスポーティさを加えたレクサスの“F”シリーズは、2007年の「IS F」発売とともに、「公道からサーキットまでシームレスに走りを楽しめる」というコンセプトで、レクサスの高性能モデルのラインナップとして誕生し、レクサスのスポーツイメージや運動性能の進化をけん引してきました。

“F”の新たな一歩として今回発売された新型RC Fは、パフォーマンスを進化させ、スポーツ走行をより楽しめる運動性能を手に入れました。

 運動性能向上を狙い、車両重量の低減を実施して、従来型比で約20kgの軽量化を実現しました。

 また、レスポンスに優れたハンドリングと限界領域でのコントロール性を向上させるため、トレッドパターン一本一本のコンパウンド材質までこだわり、タイヤを新開発。さらに、エンジンマウントやサスペンションメンバーブッシュ、ステアリングラックブッシュなどの剛性を高めたことで、サーキット走行などにおいても優れた操縦安定性を発揮します。

 5リッター自然吸気エンジンならではのリニアな加速フィーリングを際立たせるため、エンジン出力を向上させるとともに(481馬力/535Nm)、エアクリーナ-形状変更による吸気性能向上とスロットル制御の改良によりアクセルレスポンスを向上させました。またディファレンシャルのローギヤ化を図ることで、サーキット走行におけるアクセルでの車両コントロール性を向上させました。

 外観は、レースで培われた空力デバイスや形状を最大限スタイリングに織り込んだデザインとしています。具体的には、フロントスポイラーのコーナーにカナード形状を取り入れてダウンフォースを向上させたほか、サイドのロッカーモール後端にアンダーカット形状をつくることでリヤタイヤ周辺の乱気流を抑制するなど、レースで培った空力デバイスや形状を取り入れることで、空力性能の向上を目的としながら、“F”としての独自性を狙ったデザインとしています。

 また、前後のホイールハウスにエアアウトレットを設けることでホイールハウス内に溜まった空気の圧力を低減し、最適なコーナリング姿勢やステアリングの応答性向上に寄与します。

 エンジントルクを制御し、発進時のタイヤ空転を防ぐ「ローンチコントロール」を採用し、スポーツ走行における鋭いスタートダッシュを実現します。

走りを極めた高性能な“Performance package”設定

 新型RC Fでは、進化への飽くなき挑戦を象徴する“Performance package”を新たに設定しました。

 日本のスーパーGTや米国のデイトナ24時間レースなど、モータースポーツで培った技術を応用し、CFRPの外装部品やカーボンセラミックブレーキ、チタンマフラーなどの採用で、さらなる軽量化を実現したほか、加速性能・空力性能も向上させてより高い次元の運動性能を追求しています。

 内装では、専用のインテリアカラー フレアレッドや専用のオーナメントパネルレッドカーボンを採用し、運転の愉しさを一層際立たせました。

 RC F“Performance package”の価格(消費税込)は、1404万円です。

【了】

空力パーツをふんだんに盛り込んだレクサス新型「RC F」の画像を見る(18枚)

【まだ間に合う!】夏休みお得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. この配信をやめるにはどうすればいいのでしょうか。