いまや定番人気車種! いま狙うならコレ!? SUV燃費ランキングTOP5

クルマを買うときに重視するのは燃費という人も多い昨今、燃費の良いクルマをジャンル別に調べてみました。車高が高めで空力的には不利な面もあるSUVですが、ランキング上位には驚くほどの燃費を持つものもあります。

人気のSUV、燃費性能トップ5は?

 クルマの購入を検討する際に、燃費は重要な指標のひとつでしょう。低燃費はお財布に優しいだけでなく、地球にも優しい環境性能の高いクルマといえます。

好みがわかれるデザインながらベストセラーSUVの「C-HR」

 各自動車メーカーもアイドリングストップ装置、直噴エンジン、可変バルブタイミングなどの燃費向上技術を採用したり、エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車を開発したり、燃費性能を向上させています。

 国土交通省では毎年、型式指定や新型届出を受けたクルマの「自動車燃費一覧」を公表しているので、2019年3月の公開情報から人気の国産SUV(ディーゼルを除く)の燃費性能、上位5台を紹介します。

●1位 トヨタ「C-HR ハイブリッド」 JC08モード燃費 30.2km/L

SUVで販売台数も燃費もトップの「C-HR ハイブリッド」

現在、国内ブランドのSUVで、最も燃費が良いのはトヨタの「C-HR ハイブリッド」です。

 C-HRは欧州で鍛え上げられた走りと独創的なデザインを併せ持ったクロスオーバーSUVで、2018年のSUV販売台数ナンバー1を獲得している人気車種です。

 1.8リッター直列4気筒で最高出力98馬力を発揮する「2ZR-FXE型」エンジンに、最高出力72馬力の「1NM型」モーターが組み合わされたハイブリッドシステム搭載車は、車両重量1440kgのボディを軽快に走らせながらも、JC08モード燃費で30.2km/Lという省燃費です。

 価格もハイブリッド車で261万4000円(Sグレード 2WD、消費税込:以下同様)からとなっていますので、SUVを経済的に楽しみたい人にオススメの1台です。

 ただし、C-HRの4WDモデルは非ハイブリッドのガソリンエンジンのみとなっていますので、購入を検討の方はご注意を。

●2位タイ ホンダ「ヴェゼル ハイブリッド」 JC08モード燃費 27.0km/L

手頃なサイズで一気にブレイクした「ヴェゼル ハイブリッド」

 SUVとクーペを融合した洗練されたフォルムが人気のホンダ「ヴェゼル」も、CH-Rと同様にハイブリッドをラインナップしています。

 しかも、「HYBRID」「HYBRID X」「HYBRID Z」では4WDを選ぶことも可能です。

 パワートレーンは1.5リッター直列4気筒で最高出力132馬力を発揮する「LEB型」エンジンに、最高出力29.5馬力の「H1型」モーターを組み合わせています。

 7速DCTによりダイレクト感ある走りを実現するハイブリッド車は、SUVとしては軽量な車両重量1270kg(HYBRID・2WD)のボディをスポーティに走らせることも可能で、燃費は2WDで27.0km/L、4WDでも23.2km/Lと低燃費を両立しています。

 価格は「HYBRID」の2WDで246万円、4WDでも267万6000円です。

●2位タイ レクサス「UX 250h」JC08モード燃費 27.0km/L

国産高級コンパクトSUVという新ジャンルの「UX250h」

 トヨタの高級車ブランド、レクサスから2018年11月に発売された最新コンパクトSUV「UX」は、トヨタ「C-HR」をベースに開発されたとあって、優れた低燃費を実現しています。

 ハイブリッド車UX250hのパワートレーンは2リッター直列4気筒エンジンにモーターが組み合わされ、システム全体で発揮できる最高出力は184馬力とパワフルです。

 ハイブリッド車でも後輪をモーターで駆動する4WDが選べるので、C-HRと差別化されています。

 燃費はJC08モードでハイブリッド2WDが27.0km/L、4WDでも25.2km/Lと、かなり優秀な値となっています。

 レクサスUX250hの価格は2WDで425万から、4WDは451万円からです。

人気のSUV燃費ランキングTOP5を画像でチェック(15枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント