いまや定番人気車種! いま狙うならコレ!? SUV燃費ランキングTOP5

低燃費でコスパも高い100万円台のSUVもランクイン

●4位 ホンダ「CR-V ハイブリッド」 JC08モード燃費 25.8km/L

EV走行がメインのスポーツハイブリッドを搭載した「CR-V ハイブリッド」

 アメリカナイズされたスタイリングと高級車のような内装を持ち、ミドルサイズSUVとして復活を遂げたホンダ「CR-V」が第3位に入りました。

 パワートレーンは2リッター直列4気筒で最高出力145馬力を発揮する「LFB型」エンジンに、最高出力184馬力と強力な「H4型」モーターを組み合わせています。

 通常走行はほとんどモーターでまかなう2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」は、発進した瞬間から最大トルクを生むモーターの特性を活かして、3リッターガソリンエンジン並みの力強い加速を実現。車両重量1610kg(HYBRID EX・2WD)のボディの軽々と引っ張ります。

 また、燃費はJC08モードで2WDが25.8km/L、4WDでも25.0km/Lの低燃費です。

 価格は「HYBRID EX」の2WDで378万4320円、4WDは400万320円。同じ燃費性能の上位グレード「HYBRID EX・Masterpiece」は、2WDで414万5040円、4WDで436万1040円となっています。

●5位 スズキ「クロスビー」 22.0km/L

ユニークなデザインで人気の「クロスビー」

 まったく新しいクロスオーバーSUVとして登場したスズキ「クロスビー」は、どこか小動物の顔のような愛嬌のあるフロントマスクと、カラーコーディネートされたインテリアも好評で、実用的な撥水加工シート(HYBRID MZ)を採用するなど、本格的なレジャーユースにも最適なモデルです。

 最高出力99馬力を発揮する1リッター直列3気筒直噴ターボ「K10C型」エンジンに、最高出力3.1馬力の「WA05A型」モーターを組み合わせ、加速時にモーターでエンジンをアシストするマイルドハイブリッドシステムを搭載しています。

 車両重量960kg(HYBRID MX・2WD)と軽量なボディも相まって、JC08モード燃費で22.0km/L、4WDでも20.6km/Lと、ターボエンジンながらも低燃費となっています。

「HYBRID MX」の2WDが176万5800円、4WDは190万8360円と手が届きやすい価格となっています。また、装備が充実した「HYBRID MZ」は、2WDで200万3400円、4WDは214万5960円です。

※ ※ ※

 普段使いしながらもレジャーに使われることが多いSUVは、長距離走行をする方も多いと思いますので、燃費は重要な選考項目です。

 ただし、JC08モードは、実際の環境や使用状態によって実際の燃費と乖離がありますので、あくまでも参考程度としてください。

【了】

人気のSUV燃費ランキングTOP5を画像でチェック(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント