パジェロの歴史に終止符か!? 三菱の本格4WD車5選

一部報道で三菱「パジェロ」の日本での販売が終了すると報じられました。パジェロは日本のRVブームを牽引してきた立役者で、長い歴史もあります。そこで、これまで三菱が生産してきた本格的な4輪駆動車のなかから、5車種をピックアップして紹介します。

量産クロカン4駆の先駆け的存在は三菱からデビュー

 2019年4月22日に、一部報道で三菱「パジェロ」の国内販売終了と報じられました。三菱からは公式には発表されていませんが、SUVブームのなかにあっても販売台数で苦戦している模様です。

一時代を築いた「パジェロ」の歴史も終わりを迎えてしまうのか!?

 三菱は「ジープ」に代表される本格的な4輪駆動車を、古くから販売してきました。現在は登録車においてSUVを主軸としているメーカーになりました。

 そこで、これまでに三菱が生産してきた本格的な4輪駆動車のなかから、5車種をピックアップして紹介します。

●ジープ

無骨ながらも機能美に通じるデザインの「ジープ」

 三菱「ジープ」は本格的な4輪駆動車の原点ともいえるクルマで、1952年に三菱自動車の前身である「新三菱重工業」とアメリカの「ウイリス・オーバーランド社」との間で締結された契約のもと、ノックダウン方式により翌1953年には第1号車が完成しました。

 1956年からは国産ジープを本格的に生産し、以来約半世紀に渡って根強いファンに応え、20万台を超える台数が生産されました。

 シンプルなメカニズムのパートタイム4WDシステム(切替式)と長いサスペンションストロークによって、悪路走破性の高さはもちろんのこと、トラックと同じフレーム構造に前後リーフスプリング(板バネ)の採用は、丈夫で高い耐久性を誇ります。

 実際、ジープが自衛隊車両に使われていたのは多くの方が知るところですが、それほどまでに耐久性、信頼性のあるクルマだという証明でもあります。

 1998年に専用ボディカラー、専用幌生地、防錆強化仕様等を採用した「最終生産記念車」が発売され、ジープは長い歴史に幕を引きました。

●デリカ スターワゴン

ワンボックスバンをベースとしてRVに仕立てられた「デリカ スターワゴン」

 クリーンディーゼルエンジン搭載モデルを有し、悪路走破性も高く、日本のミニバンで唯一無二の存在である「デリカ:D5」は、アウトドア派のファミリー層から絶大な人気を誇るモデルです。

 このデリカ:D5の成り立ちを遡ると、1982年に発売された「デリカ スターワゴン(4WD)」にたどり着きます。

 現在のようなミニバン誕生以前、多人数乗車のワゴンはワンボックスタイプのバンをベースとしており、「デリカスターワゴン」も同様でした。

 4WDモデルのシャシはトラックのものを用いており、丈夫な構造となっていて、ジープと同様にシンプルな構造から耐久性も高く、優れた悪路走破性を発揮。

 他社からも4WDワンボックスワゴンが発売されましたが、デリカ スターワゴンを超えるようなモデルは見当たりませんでした。

1988年にフルモデルチェンジを行ない乗用車としてスペース効率を追求した結果、一般的なモノコックボディが採用されましたが、4WDモデルは高い最低地上高と長いサスペンションストロークを確保し、悪路走破性を維持していました。

●ストラーダ

スタイリッシュなピックアップトラックの「ストラーダ」

 1990年代になると4輪駆動車の人気が高まり、いわゆる「RVブーム」の時代が到来します。三菱ではパジェロを始めジープ、デリカ、RVRなどをラインナップし、RVブームを牽引していましたが、さらなるニーズに対応するべく本格的な4WDピックアップトラック「ストラーダ」を市場投入します。

 1991年に発売されたストラーダは、4ドアのキャビンで5人乗りとし、5人分のレジャーグッズを積んで余裕をもって出かけられるというコンセプトとなっていました。

 エンジンは2.5リッターディーゼルのみで、パジェロなどで実績のある4WDシステムを採用し、悪路走破性は折り紙付きでした。

 1997年にはタイで生産されていたピックアップトラック「L200」をベースとした2代目にバトンタッチしましたが、わずか2年後の1999年に販売を終了します。

三菱の歴代クロカン4駆を画像でチェック(34枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント