昭和のサービスエリア飯は不味かった? 時代に合わせて進化したSA/PA事情とは

昔のサービスエリアのご飯は美味しくないというイメージでしたが、今は違います。サービスエリアの食事が、各段に美味しくなった理由は何なのでしょう。

かつてのSA・PAのレストランはおいしくなかった

 高速道路を利用するときの楽しみといえば、サービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)の美味しい料理やお土産でしょう。近頃では「SAやPAの料理がおいしくなった」という声も聞かれるようになりました。

 しかし、その発言をよくよく吟味すると、別の意味が含まれています。それは「昔は美味しくなかったけど…」という意味です。

 とくに昭和の時代のSAやPAを知っている人は、そのイメージが強いはずです。そして、サービスエリア飯はおいしくなかったというイメージには、それなりの理由がありました。

東名高速道 足柄SA(上り)の「精進料理 霜月(しもつき)」(2180円)

 日本で高速道路が初めて開通したのは1963年(昭和38年)7月のこと。最初の高速道路は名神高速道路で、栗東ICと尼崎IC間に開通しました。

 第一号のSAは大津SAの給油所で、高速道路開通の2か月後の9月に完成しました。レストランと修理所は、翌10月にできあがります。当時の日本は、まだまだクルマの性能が低く、高速道路を走るとしょっちゅう故障したため、修理所が必要だったのです。

 SAはオープンしましたが、そこで問題になったのは誰が運営するかということです。高速道路やSA/PAは、道路公団という役人が管理するものでしたが、レストランや売店、ガソリンスタンドなどの運営は、お役人よりも民間に任せた方が良いでしょう。

 そこで、競争入札制度で営業者を募りました。完成したSAやPAの運営は民間に任せることになったのです。

 しかし、ここで日本の役人のまじめさが発揮されます。

「SA/PAは公共サービスのためにあるので、民間が営利を優先して本来の目的を逸脱しないように、厳しくチェック・指導する」ことになりました。

 そこで導入されたのが、料理メニューの承認制であり、量・規格・価格の基準です。これがあることでユーザーは、どこのSAやPAに行っても、同じレベルのサービスを受けることができました。目指したのは「安くて、早くて、おなかいっぱい」です。

 実際に、その水準を守るために、公団のスタッフは定期的にSAとPAを巡って味が一定かどうかをチェックしていました。「朝から晩まで、ずっと同じ料理を食べ続けるのは辛かった」という話を聞いたことがありますが、それでも実施するとは、なんとまじめなことでしょう。

「安くて、早くて、おなかいっぱい」というサービスは、1960年代から1980年代の初めごろまでは問題なくユーザーに受け止められていたようです。

イマドキのSA飯はこんなに豪華! 民営化で進化したサービスエリアの画像を見る(11枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー