ワゴンでも「多用途性×走破性」を持つクルマ ボルボ新型「V60 Cross Country」登場

ステーションワゴンの市場が減りつつあるなか、ボルボの新型「V60」は人気のモデルです。今回、「V60」の多用途性に走破性を加えた「V60 Cross Country」が新たに発表されました。どんな特徴をもつクルマなのでしょうか。

SUV並の走破性をもつV60CC

 ボルボは、ステーションワゴンモデルの新型「V60」のクロスカントリー仕様として、「V60 Cross Country」を2019年4月17日に発表しました。

PRワゴンの多用途性に走破性も手に入れた! ボルボ V60クロスカントリーの中古車情報はこちら

新たに発表された「V60 Cross Country」

 新型「V60 Cross Country」は、「V60」よりも冒険心を満たすモデルとして登場し、最低地上高を210mmと本格的なSUVモデルと同等の走破性を持っています。

 ボルボのステーションワゴンモデル本来の多用途性に全天候性能や卓越した走破性というSUVの特長が組み合わせられているのです。

 ボディサイズは、全長4785mm×全幅1895mm×全高1505mmとなり、全高を抑えスタイリッシュに仕上げられたルックスは、自然や都市部と調和してシーン問わず使いこなせるなど、過酷な環境にも負けずに目的地までいけるクルマといえます。

 インテリアは、ボルボの特徴ともいえる9インチのタッチスクリーン式センターディスプレイを搭載。また、「T5 AWD Pro」のグレードでは、流木をイメージしたドリフト・ウッド・パネルを採用するなどスカンジナビア・デザインらしさを演出。

 パワートレインは、2リッターガソリンターボエンジンを搭載。254馬力を発揮し、高回転域の優れたレスポンスと伸びやかなドライビングフィールを実現しています。

 また、4輪それぞれに最適な駆動力を配分して伝達効率を高めるボルボ独自のAWD技術によってどんな道でも対応。

「V60 Cross Country」について、ボルボ・カー・ジャパン代表取締役社長の木村隆之氏は次のように話します。

「とてもスウェーデンらしいクルマです。都会ときどき自然がテーマとなっており、普段は街で使い、ウィークエンドにはスキー、スノーボードなどを楽しむアクティブなライフスタイルの方にベストマッチします。

 全高1505mmに抑えて設計したので、日本のタワーパーキングにも入ります。また、最低地上高を210mmとし、他のXCシリーズと同等になっている点にも注目です。また、ヒップポイントから伝わってくる安心感が高い仕上がりとなり、悪路面で片輪が浮いてもそれは変わりません」

 新型「V60 Cross Country」のグレード・価格(消費税込み)は、標準モデル「T5 AWD(549万円)」と上級モデル「T5 AWD Pro(649万円)」の2種類展開です。

 どちらのモデルでも、ボルボの先進安全・運転支援機能「インテリセーフ」を標準採用しています。
 
【了】

これがボルボの真骨頂! イカすV60CCの画像を見る(92枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント