ツヤ消しブラックで抜群の存在感! メルセデスAMG G 63の特別仕様車が期間限定販売

メルセデス・ベンツ日本は、特別仕様車「メルセデスAMG G 63 エディション マットブラック」を設定し、2019年4月15日から5月12日の期間限定で販売します。

内外装をブラックで統一した「メルセデスAMG G 63 エディション マットブラック」

 メルセデス・ベンツ「Gクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G 63 エディション マットブラック」が設定され、2019年4月15日より注文受付が開始しました。

特別仕様車「メルセデスAMG G 63 エディション マットブラック」

 価格(消費税込)は2320万円で、2019年5月12日までの期間限定での販売となります。なお、納車は4月下旬より順次開始される予定です。

 1979年に最高級クロスカントリービークルとして誕生したGクラスは、基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままに、最適なパワートレインや装備を加えながら進化を続けてきました。

 2018年6月にはフルモデルチェンジし、Gクラスの伝統をメルセデスの最新技術でアップデートすることで、オンロードでもオフロードでもパフォーマンスを発揮する究極のオフローダーとしてさらに進化しました。

 今回設定された特別仕様車「エディション マットブラック」は「メルセデスAMG G 63」をベースとし、本格オフローダーとしての性能と、AMGがモータースポーツで培ったテクノロジーを搭載したトップパフォーマンスモデルです。

 外観には、通常では設定されていない「デジーノマグノナイトブラック」のボディカラーと22インチマットブラックホイールを採用しており、ツヤ消しブラックが圧倒的な存在感を主張しています。

 さらに、AMGナイトパッケージをあしらい、通常モデルではクロームが用いられる前後バンパーのアクセントやスペアタイヤカバー、アンダーボディプロテクションなどがブラックとなり、ウィンカーレンズ、ヘッドライト、リアコンビネーションランプがダークティンテッド仕上げとなります。

 内装には、随所にカーボンインテリアパネルを採用することで黒で統一し、シックで落ち着いた中にもAMGらしいスポーティな印象になりました。

 搭載されるエンジンは、メルセデスAMG社が完全自社開発した4リッターV8直噴ツインターボエンジン「M177」で、最高出力585PS(430kW)、最大トルク850Nmを発揮します。

 2基のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの外側ではなく内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトとし、エンジンを可能な限りコンパクトにするとともに、ターボチャージャーへの吸排気経路を最適化することで、優れたレスポンスを実現します。

 また、メルセデスAMG G 63専用装備として、圧倒的なパフォーマンスに対応するAMG強化ブレーキ、コーナリング時やブレーキング時には、硬いスプリングレートに瞬時に切り替えることで、高い安定性と思いのままの俊敏なハンドリングを実現する「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」を採用しています。

【了】

通常モデルにはない「デジーノマグノナイトブラック」が印象的な「AMG G 63」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事

コメント