• くるまのニュース
  • 試乗記
  • ベントレー「コンチネンタルGTコンバーチブル」世界トップレベルの走りとラグジュアリーが融合

ベントレー「コンチネンタルGTコンバーチブル」世界トップレベルの走りとラグジュアリーが融合

ベントレー「コンチネンタルGT」に追加されたコンバーチブルモデル。クーペ譲りの卓越した走行性能とラグジュアリーな雰囲気をまとった美しいスタイリングが融合した最新モデルは、どのような実力の持ち主なのでしょうか。

さらに進化した「コンチネンタルGT」にコンバーチブル登場

 近頃のベントレーには勢いがあります。それはグローバルではもちろん、日本国内でも同様で、新車登録台数は400台オーバーのまま推移しています。それを牽引しているのがベントレーブランド初のSUV「ベンテイガ」です。

ベントレー「コンチネンタルGTコンバーチブル」

 ベンテイガがうまい具合に富裕層マーケットにハマり、そこにランボルギーニ「ウルス」、ロールスロイス「カリナン」が追従する今、さらにアストンマーティンやフェラーリもSUVをリリースする予定です。

 ラグジュアリーSUVの火付け役ともいえるベンテイガの魅力は、SUVというばかりではなくインターフェイスにもあります。なぜなら、これまで古さを拭えなかったベントレーのインフォテイメント機能が、このクルマから新世代に突入したからです。

 そして2018年にリリースされた「コンチネンタルGT」で、さらに進化しました。ライバルにも引けを取らない充実度を持ち、ここからさらなる躍進が期待できます。

 そのコンチネンタルGTに屋根開きのコンバーチブルが追加されたというので、2019年2月、スペインのアンダルシアで行われたメディア向け国際試乗会に参加しました。

どこから見てもかっこよく、ラグジュアリーなコンバーチブル

 試乗スタート地点となるマラガのホテルで見た「コンチネンタルGTコンバーチブル」は、まさに“二枚目”でした。

さまざまなボディカラーが選べる「コンチネンタルGTコンバーチブル」

 どこから見てもかっこよく、ラグジュアリーな空気がプンプンと漂ってきます。コンチネンタルGTコンバーチブルは、クーペよりもボディカラーが豊富に取り揃えられていることもあり、試乗車も色とりどりのモデルが並んでいました。

 これまでに見たことのない色もあり、屋根を開けていたので気づきませんでしたが、ソフトトップの色は全部で7種類が用意されていました。そのなかに英国の伝統的なツイード柄も含まれているというのも興味深いです。

 Z型に折れるソフトトップは約19秒で開閉することができます。スイッチひとつで操作でき、時速50キロ以下であれば走行中でも開閉可能です。

 ちなみに、ヘッドライナーと呼ばれる屋根の内側も色が選べるそうで、ドアトリムやシートとコーディネイトすることができます。

 気が利くのはそれだけではありません。なんとオープン時の寒さ対策も充実していて、シートヒーターやステアリングヒーターを使って身体に触れる部分が暖められるだけでなく、一部のラグジュアリーモデルではよく見られる、ヘッドレストの付け根から温風を出す装備も搭載されています。

 それに加えて、何気なく肘をつくセンターコンソールのパット部分も暖められるので、助手席から「寒いから嫌だ!」という声は聞こえない完全装備です。

これぞラグジュアリー!ベントレー「コンチネンタルGTコンバーチブル」の画像を見る(25枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント