ボルボ「XC60」安全機能追加やスポーティグレードに新デザイン採用

ボルボ「XC60」の仕様が変更され、後退時に接近してくる車両や歩行者などを検知して、衝突回避や被害の軽減を図るためにブレーキが作動するなど、安全機能がさらに進化しました。

より安全なクルマに進化したボルボ「XC60」

 ボルボのミドルサイズSUV「XC60」の一部の仕様が、2019年3月27日より変更されました。

ボルボ「XC60」

 今回の仕様変更では、「CTA(クロス・トラフィック・アラート)」に衝突回避・被害軽減ブレーキ機能が追加。駐車スペースから後退して出発する際、リアバンパーに内蔵されたミリ波レーダーが接近する車両や歩行者、サイクリストを検知し、警告音で知らせるだけでなく、衝突の回避または被害の軽減を図るブレーキが作動するようになります。

 また、車線を維持するためにステアリングを穏やかに自動修正し、車線の中央を保持できるよう支援する「パイロット・アシスト(車線維持支援機能)」に、ステアリングホイールの微振動により運転者に一時解除を知らせる新機能が追加されました。

 さらに、スポーティグレードの「R-Design」は、サイドウインドウトリムやドアミラーカバー、インテグレーテッド・ルーフレールにグロッシーブラック仕上げを施した専用デザインや専用オープングリッドテキスタイル/レザー・コンビネーションシートが新たに採用されました。

 なお、XC60にも、ステーションワゴン「V60」と同様に、新車登録から5年間、走行距離無制限の一般保証制度が新たに導入されることになります。

 今回価格改定も実施され、ボルボ「XC60」の価格(消費税込)は644万円から924万円です。

【了】

ボルボ「XC60」の画像を見る(7枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント