• くるまのニュース
  • ニュース
  • メルセデス・ベンツのコンパクトカー「Aクラス」に新しいクリーンディーゼルエンジンを搭載した「A200d」が登場

メルセデス・ベンツのコンパクトカー「Aクラス」に新しいクリーンディーゼルエンジンを搭載した「A200d」が登場

ワイド&ローのプロポーションと、若々しくアグレッ̪シブなスタイルで人気の、メルセデス・ベンツ「新型Aクラス」に、日本国内でも人気の高いクリーンディーゼルエンジンが搭載されたモデルが発表されました。新型クリーンディーゼルエンジン「OM654q」とはどのようなものなのでしょうか?

新型クリーンディーゼルエンジンは、欧州で2020年から施行予定の規制にいち早く対応

 メルセデス・ベンツは、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を搭載したスポーツコンパクト車、新型「Aクラス」に、新しい直列4気筒クリーンディーゼルエンジン「OM654q」を搭載した「A200d」を追加し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて2019年3月25日より予約注文の受付を開始しました。

メルセデス・ベンツ A200d

 新型Aクラスは、先代モデルのワイド&ローのプロポーションとアグレッシブで若々しいボディスタイルというコンセプトはそのままに、プラットフォームを完全新設計し、メルセデス・ベンツの先進技術を注ぎ込むことで快適性が大きく向上したスポーツコンパクトモデルです。

 また、新しいマルチメディアシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」やSクラス、Eクラスなどの上級モデルに搭載されている、最新の安全運転支援システムを採用するなど多くの機能を取り入れています。

 今回追加された「A200d」は、メルセデス・ベンツのコンパクトモデル群では初めてのクリーンディーゼルエンジンを搭載したモデルです。すでに「Cクラス」や「Eクラス」で実績があり、優れた燃費性能を誇る直列4気筒クリーンディーゼルエンジン「OM654」をベースに、横置きに対応したエンジンで、従来の排出ガス処理システムに加え、アンモニアスリップ触媒(ASC)を備えるSCR触媒が増設されています。

「A200d」に搭載されたクリーンディーゼルエンジン「OM654q」は、最高出力150馬力、最大トルク320N・mを発生し、欧州で2020年から施行される予定の、EURO6d規制や、ステージ2RDE(実路走行試験)規制に前もって適合する環境性能が確認されています。

「A200d」のトランスミッションは新開発の8速デュアルクラッチトランスミッション「8G-DCT」のみで、価格は消費税込み399万円からとなっており、デリバリー開始は2019年6月頃が予定されています。
 
【了】

A200dに新しく搭載されたクリーンディーゼルエンジンを詳しく見る

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

最新記事