ポルシェ「カイエンS」 桁違いの塊感はパワフルに駆け回る巨象!

ポルシェがSUV? はじめて市場に「カイエン」を投入してから今日まで、人々の考えは随分変化しました。スポーツカーブランドポルシェが手がけたSUVは、走りや存在感、圧倒的な加速を持ち合わせています。

賛否両論からスタートしたポルシェのSUV

 ポルシェが新たな市場開拓のため、2002年に投入した「カイエン」は、賛否両論を巻き起こしました。孤高のスポーツカーブランドであるポルシェには、車高の高いSUVモデルは必要ないとするコンサバ派と、ポルシェといっても一大ムーブメントであるSUVを投入して経営基盤を強化すべきだとするプログレッシブ派に別れたのです。

ポルシェCayenne S(カイエン S)

 ポルシェが世界デビューさせたカイエンは、大成功を収めました。販売台数は100万台に達する勢いです。911しかポルシェを知らない人々にも、あらたなポルシェワールドを提供したのです。デビュー当初は、SUV版ポルシェを否定していたコンサバ派も、いまでは口をつぐんでいるようです。

 そのカイエン、今では3タイプのモデルが日本に輸入されています。「カイエン」「カイエンS」「カイエンターボ」がそれです。弟分のカイエンはV型6気筒3リッターターボエンジンを搭載し340psを発揮します。兄貴分のカイエンターボはV型8気筒4リッターツインターボで550psを絞り出します。今回試乗したカイエンSは、V型6気筒2.9リッターツインターボで440psを発揮、三兄弟の中でもっともバランスのされたモデルというべきかもしれません。

 ただ、バランスがとれたモデルといっても、他メーカーのSUVが一般的にそうであるように、乗用車風の走り味ではありません。「セダンより広く、バンよりも乗り心地がいい」というSUVとは一線を画すことに疑いはありません。SUVは今では通勤や買い物にとても便利なクルマとして認知されていますが、カイエンSをそれと同等に考えるのは過ちだと思います。(実際にはカイエンSを通勤や買い物に活用している裕福な方も多くおられますが・・・)

ポルシェCayenne S(カイエン S)

 カイエンはポルシェなのです。スポーツ度はとても高いですから、できれば長距離旅行やワインディングや、あるいはサーキットに持ち込んでその性能の高さを味合うのはカイエンらしい使い方と言えるかもしれません。

 エンジンはたしかに強力です。車重が重いので、軽快に加速するのではなく、まるで巨象が突進するように豪快に加速するのです。鉄の塊が突き進む姿は、恐怖感すら覚えるほどです。サウンドも勇ましいので、とくに威圧的に感じるのでしょう。

ポルシェ「カイエン S」の画像を見る(10枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事