「なんだコレ?」小さいけどコンボイ!? 謎の個室がついた注目の軽トラカスタマイズカー登場

大阪オートメッセ2019で軽自動車をベースに、アメリカ映画などでよく見かけるボンネットタイプのトラック(日本ではコンボイと呼ばれることもある)風に仕上げた「ジャパニーズコンボイシリーズ」というパーツを装着したカスタマイズカーが出展されました。

スズキ「キャリイ」をコンボイ仕様に!

 ワクワクしながら運転できるモデルとして、軽トラックをベースとしたカスタマイズカーの「ジャパニーズコンボイシリーズ」のデモカーが大阪オートメッセに出展され、話題となりました。大阪オートメッセでは、各社個性的なカスタマイズカーが多数出展されましたが、今回は軽自動車の中で、とくに注目を浴びていた1台をご紹介します。

大阪オートメッセ2019に出展され、注目を浴びた「ジャパニーズコンボイトレーラースリーピングシェルター」

 軽自動車をベースにアメリカ映画などでよく見かけるボンネットタイプのトラック(日本ではコンボイと呼ばれることもある)風に仕上げたモデルが話題となりました。このカスタマイズカーを手掛けたのは、ビックスクーターや軽トラのカスタマイズを手掛ける広島県にあるKOTANIMOTORSです。

 ベースとなる車両は、スズキ「キャリイ」とのことです。もちろんOEM供給されているマツダ「スクラム」にも装着できます。

 ボディの割に巨大なボンネットグリルは、ベース車両に装着するだけでコンボイならではの押し出し感のある独特の雰囲気を高めてくれるメインアイテムです。

「ジャパニーズコンボイフェイスキット」19万8000円には、ボンネットグリル、フロントエアロバンパー、ヘッドライト3Dアイラインパーツ、ウインカーガーニッシュがセットになっており、装着するだけで、フロントの印象をがらりと変えてくれます。

 また、屋根の部分には、「ジャパニーズコンボイ ルーフトップキット」3万6000円(LED車高等は別売)を装着し、それらしさをさらに高めることもできます。

 サイドからのコンボイらしさを演出してくれるのが、「ジャパニーズコンボイ サイドパネル3D」4万6000円と「ジャパニーズコンボイトレーラーオルックオーバーフェンダー」3万9000円です。とくに、バッテリー&ガソリンタンクカバーとなるサイドパネル3Dが、軽トラとは一線を画する存在感を演出し、コンボイらしさをアピールできます。

軽トラのスズキ「キャリイ」の荷台に謎の個室が付いた!?詳細を画像でチェック

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事