スポーツカーの魂を持ったコンパクトSUV ジャガー「E-PACE RダイナミックHSE」

速さの秘訣はドッカンターボ!加速時に怒涛のパワーを発揮するジャガー「EペイスRダイナミックHSE」は、SUVながら走りの魂は一点の曇りもなく、紛れもなくスポーツそのもの!

強烈なパワーを秘めたSUV ジャガー「Eペイス」とは?

 僕が「ジャガーEペイス」をドライブしたその日は、関東地方を襲った寒波の影響で凍えるようでした。クルマが驚くほど力強く感じたのは、そのせいかもしれません。

ジャガー「EペイスRダイナミックHSE」

 試乗車として選んだのは「EペイスRダイナミックHSE」の中でももっともパワフルな「P300」でした。搭載するエンジンは、2リッターながら直列4気筒DOHC16バルブという凝った設計のエンジンです。そのエンジンに、さらにパワーを高めるためにターポチャージャー(過給機)が取り付けられているモデルだったのです。

 エンジンは理論上、空気の密度が高ければ高いほどパワーが増すという特性があります。空気密度は気温が低ければ濃くなりますから、つまり、気温の低いその日はエンジンにとってとっても力を発揮しやすい条件だったともいえます。

 ただ、たとえ空気密度が高くなくとも、強制的にパワーを絞り出すターボエンジンにとってはそれほど問題にはならないという考え方もあります。つまり、Eペイスが獰猛な野獣のように鋭く加速したのは、そもそもこのクルマはスポーツカー級のエンジン性能を秘めているとも言えるのでしょう。

300psを発生させる2リッター・ターボチャージド・ガソリンエンジン

 最高出力は300psに達し、最大トルクは400Nmです。2リッターという少ない排気量にもかかわらず300psものパワーを絞り出しているのは、ターボチャージャーの力を借りているからなのです。

 実際に加速すると、ターボチャージャーならではの力強い特性が感じられます。エンジンの燃焼室に強制的にガソリンと空気を押し込み、いわば強引にパワーを稼いでいる感覚が強いのです。アクセルペダルを踏み込んだ足の感覚を上回ってパワーが嵩上げされていく感覚です。これがターボチャージャー特有のフィーリングなのです。

 しかも、ターボチャージャーの過給圧を強引に高めたエンジン特有の、ターボラグが明確に感じられるました。それは、ターボエンジンの機構上の宿命です。アクセルを踏んでからパワーが一気に高まるまでのズレがターボラグといわれる現象で、それが強烈なのです。

 そうです。加速しようアクセルペダルを踏み込んでも、瞬間的には反応が悪いのですが、その直後に怒涛のごとく強烈なパワーが襲ってきます。これを称して「ドッカンターボ」などという揶揄されることもありますが、まさにEペイスP300のエンジンは獰猛なドッカンターボなのです。

ジャガー「EペイスRダイナミックHSE」

 最近のターボチャージャーと組み合わせたエンジンは、低回転域での反応を良く、唐突にパワーが炸裂するようなドッカン特性を抑える傾向にあります。ですがこのエンジンは、そんなトレンドに抗うかのようにドッカンと爆発してくれています。ここまではっきりしていると、むしろ潔いいものですね。

ジャガー「EペイスRダイナミックHSE」の写真を見る(9枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事