スバル新型「レガシィ」 すべて一新した7代目モデルが世界初公開

スバルのフラッグシップセダンとなる「レガシィ」が、7代目へとフルモデルチェンジ。「シカゴオートショー2019」にて世界初公開されました。どのように進化したのでしょうか。

エンジンは2.4リッターと2.5リッターの2種類

 スバルは「シカゴオートショー2019」にて、新型「レガシィ(米国仕様)」を世界初公開。1989年に初代が誕生してから7代目のフラッグシップモデルです。

 新型「レガシィ」は、『自由な行動を約束してくれる安心感のあるセダン』というコンセプトのもと、更なる進化を遂げています。

PR堂々たるスバルのフラッグシップセダン! レガシィB4の中古車情報はコチラ

シカゴオートショー2019で初公開され、5年ぶりに刷新された7代目の新型「レガシィ」

 今回、搭載されるエンジンは、低回転域から力強いトルクを発生する2.4リッター水平対向4気筒直噴ターボエンジンと、直噴化により効率を高めた2.5リッター水平対向4気筒エンジンの2種類が用意されています。

 車体剛性を最適化するスバルの次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」と組み合わせることで、高い動的質感をさらに進化させています。

 また、運転支援システム「アイサイト」には、米国仕様として初めて車線中央維持制御・先行車追従操舵制御を追加。安全運転を支援する「ドライバーモニタリングシステム」も組み合わせることで、安全性も向上させたといいます。

 エクステリアでは、動きを感じさせるスリークなシルエットを描きつつ、厚みや立体感を持たせたボディパネルで、躍動感とたくましさを同時に表現しています。

 インテリアのデザイン面では、拡大したフロントガラスとインストゥルメントパネル中心部からドアパネルまで連続する長い線のモチーフにより、伸びやかで開放的な雰囲気です。

 また、11.6インチ大型ディスプレイを備えた最新型インフォテインメントシステムを新規採用。大画面に集約したさまざまな情報をスマートフォン同様の感覚で快適に操作できます。

 さらに、緊急通報など従来からの安全機能に加え、wi-fi hotspotやリモートエンジンスタートなどの機能で利便性を充実させたテレマティクスサービスを提供。最上級グレード「Touring」には、蒸し暑い日でも快適なシートベンチレーションを装備します。

 先進安全装備では、前方の車両と一定の距離を保ちながら走行する機能「アイサイト・ツーリングアシスト」を米国仕様で初採用しています。

 新型「レガシィ(米国仕様)」は、米国生産拠点 Subaru of Indiana Automotive, Inc.にて生産され、2019年秋頃から販売を開始する予定です。

すべてが変わったスバルの新型「レガシィ」を画像で見る

【まだ間に合う!】夏休みお得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

最新記事