KYMCO「ダウンタウン125i」発売 原付2種免許で乗れる125ccクラス最大級のスクーターが登場

125ccなどの小排気量車や、550ccの大型スクーターなどをメインに製品展開する「KYMCO」は、台湾市場で19年連続新車販売台数NO.1に輝いた台湾を代表するメーカーです。

最もラグジュアリーな125ccスクーターを目指して開発された「ダウンタウン125i ABS」

 KYMCOジャパンは、125ccクラスのスクーターで最大級のボディサイズとなる「ダウンタウン125i ABS」を発表。2019年3月11日より販売を開始します。

「ダウンタウン350i ABS」と共通の車体を持つ「ダウンタウン125i ABS」

 40以上の国で計10万台以上が販売された「ダウンタウン350i ABS」と共通のボディを採用することで、250ccクラスのビッグスクター以上の車格が与えられたこのモデルは、同クラスでは最大級の収納スペースを備えた、使い勝手に優れた一台です。

 欧州で鍛えられた強固なフレーム剛性により、 タンデムライドでも優れた走行安定性能を発揮する「ダウンタウン125i ABS」は、前後ディスクブレーキにボッシュ社製の高性能ABSを採用することで安全性能も高められています。

125ccクラス最大級の積載スペースを実現

 最新のEURO4規制に対応するクリーンな排出ガス性能を備えた125cc・水冷4サイクルSOHC4バルブ単気筒エンジンは、 クラス最高レベルの14.3PSを発揮、 大柄なボディを力強く加速させます。

 その他、ハンドル両脇には蓋つきのグローブボックスを備え、 左側のボックスにはスマートフォンの充電に便利なUSB充電器を標準装備する「ダウンタウン125i ABS」は、価格(消費税込)51万8400円です。
 
【了】

KYMCO「ダウンタウン125i ABS」の画像を見る(9枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事