快進撃止まらないスズキ「ジムニー」 都市伝説化した5ドアモデルの発売近し?

2018年、日本のクルマ業界において大注目されたモデルがスズキの「ジムニー/ジムニーシエラ」です。2019年の年初に開催された「東京オートサロン」では、スズキ自身がカスタムした『ジムニーシエラ・ピップアップスタイル』が話題となりました。

東京オートサロンでも注目を集めた『ジムニーシエラ・ピップアップスタイル』

 今年も華やかな雰囲気の中での開幕となった「東京オートサロン」。会場はドレスアップカーの百花繚乱となりましたが、来場者の視線を最も集めていたコンセプトカーがスズキブースに展示されました。それは『ジムニーシエラ・ピップアップスタイル』です。

クルマ業界で注目されるスズキ「ジムニー」

 2018年から引き続き、2019年もスズキ「ジムニー」の快進撃は続きそうです。スズキは、2018年末からジムニーシリーズの製造ラインを強化し、従来の 1.5倍の生産能力を可能にしました。

 納車時期は、地域やグレード、ボディカラーによって異なるようですが、販売店に話を聞いたところでは、「ジムニー」で2ヶ月から3か月、「ジムニーシエラ」で約半年となっています。

 この人気ぶりは誰も予想できなかったと思います。とくに、スズキさえも予想できなかったのが、シエラの大躍進。先代のJB43型では、月販100台未満だったシエラは、2018年10月から2019年12月は月販500台と絶好調です。

 発売当初のシエラの年間販売目標台数は、1200台だったわけですから、たった3か月でそれを上回ってしまったことになります。

PR小さくても本格クロカン! スズキ ジムニーの中古車情報はコチラ

 さらに海外でもシエラ(海外名ジムニー)は高評価。2019年1月からデリバリーが開始されれば、限れた生産台数を巡って、各国で熾烈な獲得競争が勃発することも考えられます。

 そんな状況下において、「東京オートサロン2019」では、2台の「ジムニーコンセプトカー」が発表されました。

 1台は、軽自動車版をベースにした「ジムニー・サバイブ」というモデルで、かつて販売されていたランドローバー・ディフェンダーのドレスアップカーを彷彿させる外観と装備が特徴となっています。これに関しては、あくまでもメーカーの遊び心であり、同様のモディファイをアフターパーツメーカーがやることは間違いないです。

 そして、もう1台が冒頭でも触れた『ジムニーシエラ・ピップアップスタイル』。その名の通り、シエラをピックアップトラック化したコンセプトカーです。

 実は会場には、アフターパーツメーカーが造ったジムニーのピックアップトラックがもう1台存在しました。ジムニーのモディファイを考えた場合、ピックアップ化というのは、別段斬新というわけではありません。

 意外と知られていませんが、2代目にあったジムニー1000(SJ40型)にはピックアップトラックが存在し、日本でもわずかな台数ながら販売されていた過去があるからです。

 その存在を知っているチューナーは多く、先代のJB23型をベースに造られているピックアップトラックが現在販売されています。

話題をさらったスズキ「ジムニー/ジムニーシエラ」の画像を見る

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事