クルマを処分したつもりが店頭で売られてた… 廃車手続=スクラップは誤った認識?

クルマの“その後”が気になるなら、相談してみるべき

 きちんとした販売店なら、引き取ってもらったクルマの名義は変更手続きをし、最近の個人情報保護の流れから整備簿や保証書などから所有者情報に関わる情報を切り取るなどすることが多くなってきました。

 しかし、車検の残っているクルマの場合、引取時に預けた委任状と書類をそのまま中古市場に流通させてしまう業者もいます。

 もし、クルマを手放す際に、もう誰にも乗ってほしくないと思うのなら自ら解体業者に持ち込んでスクラップをお願いするという方法もあります。日産の認定中古車を販売している日産自動車販売株式会社によると、永久抹消登録を頼まれた場合は、解体して永久抹消登録を行うとのことです。手放した後のクルマの処遇が気になるなら、手放す際にその後のことも併せて相談してみてはいかがでしょうか。

【了】

「廃車」に関する画像を見る(2枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事