走りも楽しめ荷物も積める! 100万円台のステーションワゴン3選

運転する楽しさはミニバンよりも上で、荷物もたくさん積めて使い勝手がよいのがステーションワゴンです。そこで、100万円台で販売されている廉価なモデル3車種をピックアップして紹介します。

100万円台で販売されているステーションワゴン3選

 運転する楽しさはミニバンよりも上、さらに荷物もたくさん積めて使い勝手がよい。これに当てはまるクルマがステーションワゴン(以下、ワゴン)です。

セダンと同等のドライビングプレジャーが味わえるのがワゴンのよさ

 かつては各メーカーから多くのワゴンが販売されており、とくにレジャー用途で人気がありましたが、スライドドアのミニバンの台頭によって、その数は徐々に減少。日産と三菱は乗用車ワゴンから完全撤退してしまいました。

 とはいえ、まだまだ作り続けているメーカーもあります。そこで、廉価なワゴン3車種をピックアップして紹介します。なお、3車種とも200万円未満(消費税込、以下同様)のモデルです。

●トヨタ「カローラフィールダー」

フルモデルチェンジまで秒読みの「カローラフィールダー」

「カローラフィールダー」はセダンの「カローラアクシオ」と車台を共有するワゴンです。ボディサイズは全長4400mm×全幅1695mm×全高1475mmと5ナンバーサイズに収まり、日本の道にちょうどよい大きさになっています。

 1.5リッター直列4気筒エンジンを搭載する最廉価グレードの「1.5X」では、2WDのCVTに加え5MT、それと4WDのCVTが用意されています。

 価格はCVT車が177万4440円、5MTが165万720円、4WDが191万5920円と全バリエーションで200万円未満に収まっています。さらに装備が充実している「1.5G」グレードも2WD車は200万円未満になります。

「カローラフィールダー」はメカニズム的な特長はあまりない比較的ベーシックなモデルですが、衝突事故軽減ブレーキやオートマチックハイビームなどの先進安全装備「トヨタセーフティセンス」を全車に標準装備されています。

 すでに公式にアナウンスされていますが、2019年中に新型「カローラセダン/ワゴン」の発売が予定されています。新型はサイズの拡大と価格の上昇が予想されていますので、現行モデルが欲しいという方は急いだ方がいいかもしれません。

●ホンダ「シャトル」

室内の広さに定評のある「フィット」をベースにワゴン化した「シャトル」

 コンパクトカーの「フィット」をベースにした派生車がいくつかあるなかで、ワゴン化したのが「シャトル」です。先代モデルは「フィットシャトル」でしたが、フルモデルチェンジの際に「シャトル」として独立しました。

 ボディサイズは全長4400mm×全幅1695mm×全高1545mm(2WD)で、奇しくも全長と全幅は「カローラフィールダー」と同じ。また全高は立体駐車場に対応した(1550mm以下)数値になっています。

「シャトル」は大きく4グレードに分かれていますが、3グレードがハイブリッド車、1グレードがガソリン車です。

 200万円未満は1.5リッターエンジンのガソリン車のみで「G・Honda SENSING」の2WDが177万120円、4WDが196万4520円となり、どちらも先進安全装備の「ホンダセンシング」が標準装備されています。

 ベースの「フィット」に対して「シャトル」は400mmほど全長を伸ばしていますが、最小回転半径は「フィット」と同じになっており、市街地や駐車場での取り回しも良好でありながら、クラス最大の荷室を持っています。

100万円台で販売中のステーションワゴン3車種の画像を見る(10枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事