ホンダが原点回帰? 初代シビックを彷彿とさせる新型EVをジュネーブで世界初公開

ホンダは、新型EVモデルのスケッチを公開しました。丸いヘッドライトが特徴的なデザインです。

市販化も近い!? 可愛いEVがお披露目

 ホンダは、2019年3月に開催される「ジュネーブモーターショー」で、新しい電気自動車(EV)のプロトタイプを世界初公開すると発表しました。

丸い目が可愛い!新型EVモデル

 ホンダの新しい電気自動車は、機能性と目的に重点を置いて開発され、公開されたスケッチにはシンプルでユニークなデザインを確認できます。

 公開されるプロトタイプは、2017年に開催された「フランクフルトモーターショー」にて世界初公開された、ホンダ「アーバンEVコンセプト」をより市販化に向けたモデルとなります。

 2017年に公開された「アーバンEVコンセプト」は初代シビックを彷彿とさせるデザインで注目されましたが、市販化目前の今回のモデルはどうなっているのか気になるところです。

 ホンダは、ヨーロッパでの販売において3分の2を2025年までに電化させる予定で、この新型EV車の市販モデルは、2019年内には欧州で発売を予定しています。
 
【了】

未来的な可愛さが全開な新型EVモデルのスケッチを見る

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事