東京オートサロンに登場した黒「センチュリーGRMN」 スタッドレスを履いている理由とは!?

箱根駅伝で見た白いセンチュリーGRMNは、非常にインパクトある車両でした。東京オートサロン2019に出展された黒いボディの「センチュリーGRMN」は、スタッドレスタイヤを装着し会場まで走行した形跡があります。

「センチュリーGRMN」は白と黒の二台存在

 東京オートサロン2019には、例年通りロールスロイスやメルセデス・ベンツのSクラスなど高級セダンが多数出展されていましたが、その中でとくに注目をされていたのは、TOYOTA GAZOO Racingのブース内に出展されていた「センチュリーGRMN」でした。

PR国産随一の高級車! トヨタ センチュリーの中古車情報はコチラ

 この「センチュリーGRMN」は、東京オートサロン2019の会場に出展されたカスタマイズカーから優秀車両を選ぶ、東京カスタムカーコンテストにおいて、セダン部門の優秀賞に選ばれたモデルです。

東京カスタムカーコンテスト セダン部門優秀賞に選ばれた「センチュリーGRMN」

 以前より、ホワイトの「センチュリーGRMN」は、豊田章男社長がイベントなどに移動する際に目撃されたり、箱根駅伝で大会本部長車として使用されたりするなど話題のクルマとなっていましたが、今回新たにブラックの「センチュリーGRMN」がお披露目されました。

 ちなみに、GRMNとは、世界一過酷なコースと言われ、世界中の自動車メーカーが車両開発を競うドイツ・ニュルブルクリンクを舞台に、「クルマの味づくり」を続けているGAZOO Racingがその活動の中で、企画・開発、そして味付けしたコンプリートカーブランドです。

 GRMNとして発売されたモデルは、ヴィッツ、マークX、86、IQなどがありますが、これまでのモデルは、ドライバーが楽しめるクルマが多く、ショーファーカーであるセンチュリーは異色のため、今回注目されていました。

 また、「センチュリー」の標準のカラーリングは、神威(かむい)エターナルブラック、摩周(ましゅう)シリーンブルーマイカ、飛鳥(あすか)ブラッキッシュレッドマイカ、精華(せいか)レイディエントシルバーメタリックの4色のみ設定されています。

 ホワイトの「センチュリーGRMN」が目撃された際に、注目されたのはもちろん「GRMN」仕様という点もありましたが、ホワイトという設定がなく特別なカラーが採用されていた点もありました。

 今回、ホワイトに加えてブラックが出展されたので、他の標準カラーの青、赤のバリエーションはあるのか、また今後作る予定があるのかを説明スタッフに伺ったところ、残念ながら、ブラックとホワイトの2色しかなく、他のカラーも作る予定はないとのことでした。

スタッドレスタイヤを装着し会場に展示

 このブラックの「センチュリーGRMN」ですが、実は販売する予定のモデルやコンセプトカーという位置づけではなく、役員の移動に使われている社用車とのことで、実際に年始の社内行事での役員の移動に使われたとのことでした。そのため、東京オートサロンの出展車両では珍しく、タイヤはスタッドレスタイヤが装着されていました。

 話題のクルマなので市販される可能性はないのかと伺ったところ、グリルなどは成形品ではなく、削り出しで作られ、スポイラー類も量産とは違う試作品のような手作りで作られているため、このまま量産することは難しいとのことでした。

 2019年10月22日に行われる新天皇の皇位継承のパレードでは「センチュリー」のオープンカーも登場する予定です。来年の東京オートサロンでは「センチュリーGRMN」のオープンモデルなどの登場も期待したいですね。

【了】

黒センチュリーGRMNの詳細を画像で見る

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事