カワサキZシリーズの中堅モデル新型「Z400」発売

カワサキは、Zシリーズに新型ネイキッドモデル「Z400」を追加しラインナップの拡充を図りました。Z1000から「Sugomi」デザインを引き継ぐZ400は、シャープなスタイリングも継承しています。

多数の排気量モデルを用意するカワサキのZシリーズ

 カワサキのZシリーズに加わる本格的スーパーネイキッドマシン新型「Z400」は、昨年イタリア・ミラノで開催されたEICMAにて発表されました。国内発売予定日は、2019年2月15日です。

EICMA2018に展示された「Z400」

「Z400」は、最高出力48PS発生する新開発水冷4ストローク並列2気筒エンジン排気量398ccエンジンを搭載し、スムーズな吹け上がりと低回転時での力強いトルクを発揮、初心者からベテランまで非常に扱いやすいエンジン特性を実現しています。

 加えて、250ccモデル並みの車体重量に優れた安定性と高い操作性、取り回し性を実現するシャシを搭載し、より俊敏で扱いやすいハンドリング性能を獲得しています。新設計のフレームは、H2を参考に新設計されたトレリス構造を採用しています。

「Z400」のスタイリングは、Z1000で提唱された先鋭的な車体形状の「Sugomi」デザインを継承。「Sugomi」デザインとは、クラウンチングフォルムや低く構えたヘッドライト周り、跳ね上げられたリアセクションを表現する事でカワサキのネイキッドモデルらしいスタイリングを実現しています。

新しいフロントカウルデザインを採用

 新しいフロントカウルデザインは、コンパクトなメーターバイザーが追加され、アグレッシブでスポーティな外観に仕上がっています。また、多機能マルチファンクション液晶メーターは、アナログスタイルのタコメーターにギアポジションインジケーターを装備し、視認性を高めています。

「Z400」の価格(税込)は、66万7440円です。車体色は、キャンディライムグリーン/メタリックスパークブラック、パールスターダストホワイト/メタリックスパークブラックの2色が用意されています。

【了】

カワサキ新型「Z400」の写真を見る

画像ギャラリー

最新記事