無限「シビック タイプR プロトタイプ」が初お披露目 究極の「タイプ R」開発で得たノウハウを投入

無限ブランドでカスタマイズパーツやコンプリートカーを販売するM-TECでは、これまで新型「シビック タイプR」向けのパーツは未発売でしたが、東京オートサロン2019でついにお披露目となりました。

発売まで秒読みの「シビック タイプR」用無限カスタマイズパーツ

 2019年は1月11日から13日に掛けて開催される東京オートサロン2019のホンダブースには、2台の「シビック タイプR」が展示されています。1台は全身ブラック基調で統一され、カーボン製エアロパーツが惜しみなく使われた「シビック タイプR MUGEN RC20GT Package Pre Production MODEL」。そして、もう1台がホワイト基調でドレスアップされた「MUGEN シビック タイプR Prototype」です。

満を持してお披露目となった「MUGEN シビック タイプR Prototype」

 無限ブランドでカスタマイズパーツやコンプリートカーを販売するM-TECでは、これまで新型「シビック タイプR」向けのパーツは未発売でした。今回、東京オートサロン2019で初お披露目になります。

 そこで、「MUGEN シビック タイプR Prototype」について、M-TEC広報課の野田和宏さんにお話しをうかがいました。

――「MUGEN シビック タイプR Prototype」について教えてください。

「MUGEN シビック タイプR Prototype」は「シビック タイプR MUGEN RC20GT Package Pre Production MODEL」の開発で得たノウハウをもとに個別のパーツを作り、市販化を目指したものです。

 したがって、車両全体のパッケージ販売ではなくパーツごとの販売になります。

――ノウハウとは具体的にどういうものでしょうか。

 主にエアロパーツの空力特性になります。ただし、カーボン製だと高価になりすぎるため、FRPやアルミに材料を変更しています。

 また、マフラーもチタンの使用範囲を制限して、価格を抑える予定です。

――いつから販売されますか。

 2019年の春に受注開始を目指しています。

※ ※ ※

 ホンダブースに展示されたブラックとホワイト2台の「シビック タイプR」のコンセプトは大きく異なりますが、どちらも無限レーシングDNAを受け継いでいるようです。

【了】

「MUGEN シビック タイプR Prototype」の画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事