「日本人の車離れ」都市部や地方の格差問題 クルマ業界の今後に未来はあるのか

「クルマ離れ」といわれるなか、クルマ魅力や求めているものに対するアンケートを実施。そこからこれからクルマ業界が見えてきました。

クルマに関するアンケートから日本の未来が見えてくる

 都心部では、公共交通機関が発達していることから「クルマ離れ」と叫ばれています。しかし、郊外や地方では、「1人1台」といわれるほどの所有率となっており、とくに軽自動車の販売台数が好調です。

 いまだに、クルマは生活に欠かせない代物として認知されていますが、いまのユーザーは「クルマ」に対してどのような印象や要望があるのでしょうか。 

クルマに関するアンケートから日本のクルマ業界が見えてくるかも

 今回、クルマに関するアンケートを行ったインターワイヤード株式会社の調査では、利用者の多様なニーズが判明しました。

 日常で利用しているクルマについての回答では、「自分のクルマ(53.1%)」、次いで「家族のクルマ(21.2%)、「レンタカー(4.0%)」、「会社のクルマ(3.3%)」となっています。最近広まった「カーシェアリング」の利用は1.3%にとどまる結果です。

 男女別では、「自分の車を利用している」が女性に比べて男性が33.4ポイント高く、「家族の車を利用している」は男性に比べて女性が25.0ポイント高くなりました。

 クルマに求めるものについては、「燃費の良さ・環境への配慮(44.5%)と最も多く、次いで「安全性(38.0%)」、「生活スタイルに合っているかどうか(37.0%)、「走行性能(34.3%)」。男女別では、「走行性能」が女性に比べて男性が8.0ポイント高く、 「小回りの良さ」は男性に比べて女性が9.5ポイントとなるなど男女によるクルマに対するニーズが異なっています。

 2018年は、自動車メーカーの「検査不正問題」やカタログ燃費表記の変更(JC08モードからWLTCモード」など『燃費』に関する話題がありましたが、ユーザーが最も求めている重要な要素です。

 また、日常で使うクルマに積んでいるものを尋ねたところ、最多は「ティッシュ・ウェットティッシュ(75.8%)」という結果でした。

 次いで、「傘(57.3%)」、「ゴミ箱(42.4%)」、「サングラス(35.8%)」と定番のものが続き、最近のクルマでは、ティッシュBOX専用の収納スペースが設けられるなどユーザーニーズを反映、ボルボの「XC40」にはティッシュBOXスペースやゴミ箱が搭載されています。

 しかし、『燃費の良さ』を保つには車内にあまり荷物を置かないことが重要です。

クルマに関するアンケートを画像で見る

画像ギャラリー

1 2

最新記事