ホンダ「X-ADV」は時代を先取る大人向け2輪版SUV これを選ぶ人は“ツウ”だね

荒れた道から舗装路まで走破するホンダの「X-ADV」は、750ccクラスの大型スクーターです。近未来的なデザインやDCT搭載で好みが分かれる一台になっています。

大柄なライポジで、長距離もゆったり走れる

 道を選ばないデュアルパーパスは、これまでも数多く登場してきましたが、ホンダ「X-ADV」はスクーターのような車体構成で、それを実現していますから興味深いところです。もちろんスクーターにもオフロードの匂いのするモデルはいくつか存在しましたが、750ccもの排気量を持ち足まわりも本格的。デザインも近未来的で、新感覚にあふれるチャレンジングな1台と言えるでしょう。

ホンダ「X-ADV」を試乗中の筆者(青木タカオ)

 四輪車でたとえるなら、“SUV”ってことになるのかもしれません。アクティブな走りを予感させるスタイルで、高級感も持ち合わせています。そして、クラッチレバーを排して操作をイージーにしましたが、自動変速だけでなくマニュアルモードも楽しめるのです。最新式ではトラクションコントロールも搭載し、さらに熟成・進化しました。

 フロアトンネルを跨ぐライディングポジションはスクーター然としたもので、足もとはかなりゆったりとしています。身長175cmの筆者の場合、膝を曲げてステップボード手前に足を置いて乗るとジャストフィットしますが、両足を前に投げ出して、クルーザーのような乗車姿勢も可能です。

 ただし知らぬ間にシートの着座位置が前にずれていますから、前方に足を置くにはもっと足が長くなければなりません。長距離を走るときにずっと同じ姿勢で走り続けるのは疲れるので、こうして足を置く場所を変えられるのはありがたいかぎりです。

多機能な液晶スピードメーターはラリー車をイメージ

 真四角の液晶パネルはラリーマシンをイメージしたもので、表示されるのは速度をはじめ、6500rpmからレッドゾーンであることを示すエンジン回転計、シフトインジケーター、トルクコントロールのレベル、グリップヒーターレベル、外気温、年月日、時間と情報満載となっています。スマートキーも採用され、先進的で利便性にも長けていると言っていいでしょう。

ホンダ「X-ADV」を写真で見る(10枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事