今や希少となった400ccモデルのスタンダード ホンダ「CB400 SUPER BOL D’OR」

CB400SBの乗りやすさは半端ないっす!

 スロットルを捻ると、独特の直4サウンドが気持ちいい! こんなに野太かったかしら? と思いながらも気持ちよさが加速し、クオーンという排気音に乗せられて、必要もないのにスロットルを煽りたくなる衝動に駆られる始末。乗り出しは良好? と思いながらも初めての人はやっぱり変化していた。

優等生の中にワイルド感が垣間見え楽しくなる

 昔はなにも考えずにスコーンスコーンとギアを素早く上げて行くことにストレスを感じなかったのですが、ほんの少しだけシビアになっているような感じを受けたのです。スロットルを閉じている状態から開けるときに、ちょっとだけドンツキが感じられてタイミングが取りにくい。他のバイクだったら、疑問に思わない挙動にも、CB400だからこそ疑いの目を向けてしまっただけ、ということだけなのかもしれません。でも慣れてくると、それが逆にワイルドに感じられて楽しくなってきてしまったのです。無個性だった彼が、個性を発揮したような、ほんとうにささやかな出来事だったのですが、それがいい意味でのサプライズでありワクワクさせられたのでした。

 とはいえ、その乗りやすさは半端ないっす。相変わらずの完成度の高さで、目線を向ければその方向に曲がっていく素直なハンドリングに、キビキビとしたスロットルレスポンス。今回は街中だけでの試乗となったのですが、プチ渋滞でも、Uターンでも、交差点でも大きなストレスを感じさせないところがさすがという感じ。低速でも扱いやすく10km/h以下の速度で走っていても、エンストしないという優秀さ。さすが4気筒ステキ! 半クラがいらないというのは、手が小さく握力が弱い女性にとってはこの上なく幸せなことで、こんな恩恵も忘れてしまっておりました。これでツーリングにいったら、ワインディングもキビキビと楽しそうだし、疲れ知らずでどこまでも走っていけそうな予感がします。

日本人の体型にバッチリマッチングするCB400シリーズ

 ライディングポジションはというと、足つきは良好。シート高が755mmと一般的な数値ではあるのですが、身長157cmの私だと、両足をつけようと思うとつま先立ち状態。とはいえ指がしっかり着くつま先立ちのバレリーナ状態ではないので、バイクにしては良好な部類といえます。どんなバイクでもハンドルを前に引きたい、ステップの位置をいじりたい…と思ってしまうのですが、CB400 SUPER BOL D’ORはバランスが良くどこもいじらなくてもちょうどいい。しいていったら、足を下ろす場所にステップがあるので、それがあたってアザになる、というところくらいです。日本人の体型に合っているのだな、と再確認したのでした。

 2019年モデルはカラーリングが変更され、CB400 SUPER FOUR / SUPER BOL D’ORともにABSが標準装備となります。さらにCB400 SUPER BOL D’ORは、スポーツグリップヒーターとETC2.0車載器が標準装備に! 400ccクラスでグリップヒーターの標準装備はかなり贅沢ですっ!
 
 400ccというクラスを越えた楽しみがある、それがCB400 SUPER FOUR / SUPER BOL D’ORという、バイクのスタンダードとも言えるモデルなのです。

「CB400 SUPER BOL D’OR」の価格(税込)は、102万1680円からとなります。

【了】

ホンダ CB400 SUPER BOL D'ORを画像で見る(10枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事