マツダが軽SUVの「タフスタイル」発売! 軽ハイトワゴンのアクティブ仕様

マツダの軽ハイトワゴン「フレアワゴン」に、アクティブな装備を満載した「タフスタイル」が追加されました。力強いイメージの外装パーツや使い勝手の良い内装のアイテムなど、アウトドアなどを楽しむユーザーに最適なモデルです。

マツダ「フレアワゴン タフスタイル」が新登場

 マツダの「フレアワゴン」に、新機種「タフスタイル」が追加設定されました。今回「タフスタイル」が追加されたことで、「フレアワゴン」は、標準モデルとエアロ仕様の「カスタムスタイル」の3つのスタイルを選べることになりました。

マツダ「フレアワゴン タフスタイル」

 新設定の「タフスタイル」は、丸型のLEDヘッドランプやガンメタ塗装のバンパー(前後)や外装パーツを装着し、SUVのような力強いスタイリングが特徴です。

PRマツダ フレアワゴンの中古車一覧はコチラ

 また、内装では、メーターリングやシートのステッチにオレンジを用い、道具箱のようなユニークなデザインの助手席アッパーボックスを装備することでアクティブな雰囲気を演出するのと同時に、水をはじくシートや汚れを拭き取れるラゲッジフロアの採用など、アウトドアなどでの使い勝手を高めました。

 グレードは、自然吸気の「HYBRID XS」とターボ仕様の「HYBRID XT」の2つが設定され、駆動方式は2WDと4WDが選択できます。ボディカラーは、専用の特別塗装色の「オフブルーメタリック2トーン」「ツールグリーンパールメタリック2トーン」「アクティブイエロー2トーン」(いずれもガンメタリックルーフ)と「ピュアホワイトパール」を合わせた全4色を設定しています。

 ワゴンとSUVが融合したような特徴を持つ「フレアワゴン タフスタイル」の価格(消費税込)は、163万6200円から191万9160円で、2018年12月26日から発売されます。

「全方位モニター用カメラパッケージ」が上位機種に標準装備

 また、新機種「タフスタイル」追加と同時に、「全方位モニター用カメラパッケージ」が「タフスタイル」と「カスタムスタイル」のターボモデルに標準装備され、「HYBRID XS」アップグレードパッケージ付き車と「カスタムスタイル HYBRID XS」ではメーカーオプションで設定できるようになりました。

「全方位モニター用カメラパッケージ」は純正ナビとセットで装着することで、車両周囲の死角を映像で確認できるようになるほか、マツダの軽自動車で初採用となる「全方位モニター3Dビュー機能」「フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ」「標識認識機能(進入禁止)」を使用可能となり、安全性が向上しました。

 なお、「フレアワゴン」はスズキ「スペーシア」のOEM供給モデルです。

【了】

アクティブ仕様の軽だ!「タフスタイル」の詳細を画像で見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事