重視するのは「機能性?見た目?」 トヨタ86カスタムへの道【マフラー編】

前回、TOM'S製の高機能エアロパーツにカスタマイズした筆者(先川知香)。今回は、心躍るサウンドを奏でる4本出しマフラーやリアアンダーウィングを装着します。

カッコイイだけじゃない!排気効率を考え抜かれたTOM’Sのマフラー

 クルマをカスタムする上で、まず見た目を変えたくなります。愛車のトヨタ「86」をカスタムすることを決意した筆者(先川知香)は、最初にフロントバンパー、リアバンパー、サイドステップをTOM’S製の高機能エアロパーツにカスタマイズしました。

 その結果、レーシングカーで培われたノウハウが詰め込まれ、走行安定性が高くて可愛いフロントマスクへと愛車は進化したのです。

TOM’S製の『エキゾーストシステム・トムスバレル・4テール』

 次に気になるのは、見た目もサウンドも変わるマフラーで、愛車のカスタムを考えたときに、一番変えたかったのはこの部分。エンジン始動時にドライバーの気持ちを高めてくれるエキゾーストノートにこだわりたいのと同時に、メタリックブルー基調の美しいグラデーションが入った焼き色のチタンマフラーに憧れます。

PRトヨタ 86の中古車情報はコチラ!

 エアロパーツをカスタマイズした際に、TOM’Sのデモカーに装着されていた4本出しマフラーに一目惚れし、『エキゾーストシステム・トムスバレル・4テール』の装着を決めました。

 サウンドとデザインのカッコ良さで装着を決めたマフラーですが、エンジンにとっては重要な機能パーツ。排気ガスを効率よく吐き出して、吸気効率排気効率を良くすることが本来の役割です。

TOM’S製の『エキゾーストシステム・トムスバレル・4テール』構造

 今回、装着するTOM’Sのマフラーも、もちろん吸排気効率について考え抜かれた構造となっており、マフラーの仕組みについて、株式会社トムス 自動車用品部の桑原氏は次のように説明します。

「純正は、消音と耐久性、燃費に優れているものの、その分抵抗もそれなりにあり、たくさんの空気と燃料をあまり効率よく吐き出しているとは言えません。しかし、今回装着するマフラーは中の構造を効率のいいものにして、よりたくさんのエンジンパワーを引き出そうという仕組みになっています。

 普通、サイレンサーと呼ばれる消音機の中は迷路状になっていて、ぐにゃぐにゃと曲がりくねった長い道のりを通り抜けていくことで音を消しているんです。この構造は、耐久性は高いものの排気抵抗が多く、効率的な排気という意味では好ましくありません。

  そこをTOM’Sでは、中の構造を一本道にすることで真っ直ぐ空気が流れるようにして、十分な排気効率を確保。また独自のノウハウで中低速のトルクを犠牲にせずにエンジンパワーを引き上げることに成功しています。」

※ ※ ※

『エキゾーストシステム・トムスバレル・4テール』を装着した様子

 ちなみに、純正品でも使用により劣化するので消耗品として交換する事が好ましいそうです。

TOM'S製の4本出しマフラーの装着模様を画像で見る

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事