ポルシェ新型「マカン」が2019年夏に発売 価格は据え置き699万円

ポルシェは「マカン」の新型モデルを2019年夏に発売すると発表しました。新型のデザインは、パナメーラや911に見られるLEDテールランプが採用されます。

ポルシェ新型「マカン」2019年夏に発売

 ポルシェの人気SUV「マカン」の新型モデルが2019年夏に発売されます。2013年に誕生したポルシェ「マカン」は、ポルシェのDNAを凝縮させたミドルクラスSUVです。

 SUVでありながらスポーツカーのような走行性能が評価され、累計販売台数は31万8000台(2017年末時点)を越えるなど、人気モデルとしての地位を確立しています。

ポルシェ新型「マカン」

 新型「マカン」の外装のデザインは、ポルシェの伝統的なスタイリングが現代風にアレンジ。立体的なLEDヘッドライトやリアの左右のテールランプを細いラインでつないだ「LEDライトストリップ」を採用することで、流麗なフォルムを実現しました。また、前後で異なるタイヤサイズ(前:235/60R18・後:255/55R18)を装着。オプションとして、19から21インチのタイヤを装着することもできます。

PR使いやすいサイズ感の大人気モデル! ポルシェ マカンの中古車情報はコチラ

 パワートレインには、2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載。燃焼室の形状を見直すなどの最適化を図ることで、252馬力/370Nmを達成しました。

 エンジンパワーは、7速のデュアルクラッチトランスミッション(PDK:ポルシェドッペルクップルング)と電子制御式多板クラッチを介して四輪に伝えられ、洗練されたトルク配分機構によってハンドル操作に対して車が素直に反応、優れたトラクション性能を発揮します。

 また、フロントサスペンションの一部にアルミを採用して1.5kg軽量化し、サスペンションの設定を見直すことでさらにシャープなハンドル操作を実現するとともに、バネ下荷重を低減して乗り心地を改善しました。

 安全面における運転支援システムは、前方車両との車間距離を自動で調整して追従する「アダプティブクルーズコントロール」には、ブレーキアシスト機能と歩行者検知機能が追加。

 車線変更時に斜め後方の車両の存在を知らせる「レーンチェンジアシスト」や車庫入れ時に画像と警告音で車両の前後の様子を伝える「サラウンドビュー付きパークアシスト」など標準装備されました。

 そのほか、渋滞時に停止と発進を自動的に繰り返してドライバーの負担を軽減する「トラフィックジャムアシスト」や車線を認識してハンドル操作を補助する「レーンキープアシスト」もオプション設定されるなど、安全装備が充実。

 新型「マカン」は、インターネットと常時接続された新世代のポルシェコミュニケーションマネージメント(以下:PCM)を標準装備し、オーディオやナビゲーション、コミュニケーション機能をコントロールすることができます。ダッシュボードに配置されたタッチスクリーンは従来の7.2インチから10.9インチへと大きくなり操作性を向上させています。

 また、Porsche Connectに“お腹すいた”“ガソリンスタンドに行きたい”と話しかけるだけでナビの目的地設定できる音声認識機能を装備。さらにPorsche Connectアプリを使えば、事前に登録した目的地を車に乗り込んだ時点でPCMに送信でき、カーナビ設定の手間を省くことが可能です。

 数々の機能を装備した新型「マカン」の価格(消費税込)は、従来モデルと同じ699万円。人気装備を充実させた「ファーストエディション(889万円~)」と「シュポルトエディション(916万4000円~)」も設定されています。

【了】

2019年夏登場予定のポルシェ新型「マカン」の画像を見る(9枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事