• くるまのニュース
  • ニュース
  • プリウスの技術を応用したスバル初のPHEV、新型「クロストレック ハイブリッド」発表! 水平対向フルHVは燃費ではなく走りに注力

プリウスの技術を応用したスバル初のPHEV、新型「クロストレック ハイブリッド」発表! 水平対向フルHVは燃費ではなく走りに注力

スバル初のプラグインハイブリッドを発表。北米で発売されている「クロストレック(日本名:XV)」に搭載しました。

2リッターエンジンと2つのモーターを搭載した新型「クロストレック ハイブリッド」

 スバルは、同社初のプラグインハイブリッドモデルとなる「クロストレック ハイブリッド」をロサンゼルスオートショー2018で発表しました。日本では、「XV」という名称で発売されているクロスオーバSUVです。

スバル初のプラグインハイブリッド車、新型「クロストレック ハイブリッド」(北米仕様車)

 今回発表された「クロストレック ハイブリッド」のパワートレインは、2リッター直噴水平対向エンジンに「スバルスタードライブテクノロジー」と呼ばれるハイブリッドシステムを組み合わせました。スバルスタードライブテクノロジーは2つの電動モーターを搭載し、EVモードの航続距離は17マイル(約27キロ)、ガソリンエンジンと併用することで約772キロの走行が可能となりました。

 このシステムを開発するにあたり、スバルによると「スバル開発陣がトヨタさんにプリウスのプラグインハイブリッド技術を勉強しに行き、システムをそのまま載せるのではなく、水平対向エンジンとの組み合わせをスバル独自に開発しました。

 すでに発売されている『e-BOXER』はEV走行が限定された速度域などだったこともあり、これをマイルドハイブリッドと表現すれば、今回はプリウスほどの燃費ではないものの、しっかりとEV走行も可能としたスバル初のフルハイブリッドモデルとなります」とのこと。

 また、新型「クロストレック ハイブリッド」のプラットフォームはガソリンモデルと同様に、スバルグローバルプラットフォーム(SGP)を採用し、トランスミッションはリニアトロニックCVT、駆動方式はAWDとなります。

 悪路走破性を向上させるX-MODE(エックスモード)およびヒルディセントコントロールが装備され、オフロードとオンロードの走行性能を両立しました。

 新型「クロストレック ハイブリッド」は北米は2018年末頃に発売される予定で、価格は3万4995ドル、日本円では約397万円となります。(1ドル113円 2018年12月3日現在)

 日本でもこの新型「クロストレック ハイブリッド」が導入されるのかどうか、スバルに確認したところ「今のところ北米限定での導入予定なので、日本に導入するかはまだ検討されていません」との回答。トヨタ プリウスのハイブリッド技術をスバルがアレンジするとどうなるのか、日本市場ではスグに体験とはいかないようです。

【了】

スバル 新型「クロストレック ハイブリッド」の詳細を画像で見る(14枚)

画像ギャラリー

最新記事