ホンダ「VFR800F」に“インターセプター”登場!? レジェンドライダー“ウェイン・レイニー”ファン必見の新色が追加

最高出力107PSを発揮する800ccの水冷4ストロークDOHC・V型4気筒エンジンを搭載するホンダの「VFR800F」は、気品漂うスタイルと扱いやすい出力特性を備えた大型ツアラーモデルです。

ホンダ「VFR800F」に往年の名車を思わせるカラーリングが追加

 ホンダは大型ツアラーモデル「VFR800F」のカラーバリエーションを変更するとともに、ETC2.0車載器を標準装備したモデルを2018年12月14日(従来色のヴィクトリーレッド)と、2019年3月8日(新色のパールグレアホワイト)に発売します。

VFR800Fの新色(左)とモチーフとなったVFR750Fインターセプター(右)

 大人のスポーツバイクとして上品なスタイルを持つ「VFR800F」に新採用された“パールグレアホワイト”は、1986年に北米仕様として登場した「VFR750F Interceptor(インターセプター)」を彷彿とさせるもので、車体に“Interceptor”のロゴを配置することで、当時のモデルと同様の雰囲気が与えられました。

「VFR750F Interceptor(インターセプター)」は、乾燥重量199kgの車体に105psを発揮する748ccのV4エンジンを搭載するモデルで(日本仕様のVFR750Fは馬力規制の関係で77ps)、そのポテンシャルを活かしアメリカで開催されていた“AMAスーパーバイクレース”にも参戦。

 1987年には当時USホンダと契約していた“ウェイン・レイニー”の搭乗により、見事チャンピオンを獲得しています。

 新色の採用によりスポーティなイメージを高めた「VFR800F」は価格(消費税込)141万9120円から149万4720円です。
 
【了】

VFR800Fの画像を見る(6枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー