三菱「エクリプス クロス」改良車が登場 さらに静かで快適なモデルに

三菱は、2018年3月に約4年振りの新型車として登場した「エクリプス クロス」の一部改良モデルを新たに発表しました。

一部改良された三菱「エクリプス クロス」

 三菱は、2018年3月に発売した新型車SUV「エクリプス クロス」を一部改良して発売開始しました。

三菱のクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」

 新型車「エクリプス クロス」は、三菱にとって約4年振りのニューモデルです。今回の改良では、旋回性能と走行安定性を向上させる三菱の制御技術AYC(アクティブ・ヨー・コントロール)を2WD車にも採用し、ハンドリングの軽快性や旋回時の安定性を向上させています。

PR三菱の正統派SUVならコチラも! アウトランダーの中古車情報を見る

 そのほか、フロントガラスに遮音性の高い素材を採用し、風切り音を低減させ静粛性を向上し、運転席から全席の窓をワンタッチでオート開閉できる機能や挟まれ防止機能なども新たに設定。

 内装では、従来車で本革シートとセットオプションとなっていた前席シートヒーターをファブリックシートでも標準装備(Mグレード除く)することで、室内快適性も向上しています。

 また、「M」グレードの16インチアルミホイールの質感向上やルーフレールを搭載しない仕様をメーカーオプションで選ぶことが可能となりました。

 三菱「エクリプス クロス」の価格(消費税込み)は、253万9080円から310万7160円です。
 
【了】

一部改良された三菱「エクリプス クロス」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事