スバル初のPHV誕生「クロストレック・ハイブリッド」がその姿をついに公開

前置き水平対向エンジンやチェーン式のCVT「リニアトロニック」、シンメトリカルAWDなど、パワートレインに独自の構造を採用する自動車メーカー「スバル」から、待望のプラグイン・ハイブリッドモデルが発表されました。

スバル初のPHV「CROSSTREK HYBRID」が米国で発表

 スバルは現地時間2018年11月19日、米国で同メーカー初となるプラグイン・ハイブリッドモデル「CROSSTREK HYBRID(クロストレック・ハイブリッド)」を発表しました。

スバル初のPHV「CROSSTREK HYBRID」

 2リッターの水平対向直噴エンジンと、2つのモーターを組み込んだCVT(無段変速機)、スバル独自のシンメトリカルAWDを組み合わせた「SUBARU StarDrive Technology(スバル・スタードライブ・テクノロジー)」を搭載するこのモデルは、現地時間11月30日から一般公開される「LAショー」に出展されます。

 地球環境保護への貢献を目指し開発された「CROSSTREK HYBRID」は、ガソリン使用の「CROSSTREK」(日本名:スバルXV)の走行性能や使い勝手はそのままに、高い動力性能と環境性能の両立が図られており、約50リットルの燃料で最大約772kmの航続距離を実現。約27kmのEV走行も可能としました。

 専用外装色としてラグーンブルー・パールが用意された同モデルは、家庭用コンセントでの充電が可能で、スマートフォンから遠隔操作することで空調などを乗車前に稼働させることもできます。

 安全運転支援機能「EyeSight(アイサイト)」も標準装備された「CROSSTREK HYBRID」は、2018年内に米国での販売が予定されていますが、現状では日本国内への導入は見送られています。
 
【了】

スバル初のPHV「CROSSTREK HYBRID」の画像を見る(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事