• くるまのニュース
  • ニュース
  • 電気自動車を次世代のレベルに ルノー/日産/三菱連盟がリチウムイオンバッテリー開発企業「エネベート」社に出資

電気自動車を次世代のレベルに ルノー/日産/三菱連盟がリチウムイオンバッテリー開発企業「エネベート」社に出資

日本のみならず世界の自動車メーカーが開発に取り組む電気自動車は、優れた環境性能をもつ次世代のクルマとして高い注目を浴びる次世代のモビリティです。

渡航距離や充電時間の改善で電気自動車を次世代のレベルに

 ルノー・日産自動車・三菱自動車の戦略的ベンチャーキャピタルファンド「アライアンス・ベンチャーズ」は2018年11月13日、米国カリフォルニア州アーバインに拠点を置く先進的なリチウムイオンバッテリー技術を開発する「エネベート」社に投資を行ったと発表しました。

ルノーの電気自動車「ZOE(ゾエ)」

 同ファンドのバイス・プレジデントの“フランソワ・ドーサ”は、「今回の投資により、我々はエネベート社が特許を持つ最先端の電極技術の開発を後押しすることが可能となります。この重要領域での開発を継続的に行うことが、我々の電動化戦略を加速させる一助となることでしょう。」と語ります。

 エネベート社の電気自動車用「HD-Energy? Technology」は、5分の急速充電による高いエネルギー密度と長い航続距離がその特長で、低温状況での作動性、低コスト、高い安全性の実現にも焦点を当ており、既存のどのリチウムイオンバッテリーをも上回る性能が与えられたものです。

 また、同社の社長兼CEOの“ロバート・A・ランゴ”は、「電気自動車のグローバルリーダーであり、世界中の電気自動車ユーザーのニーズを熟知しているアライアンスと戦略的なパートナーシップを結び、共に取り組んでいくことをとても楽しみにしています。」と語りますが、次世代機能の採用を加速化させるこの施策が電気自動車をどのように進化させるのか、期待が掛かります。

【了】

ルノー/日産/三菱の電気自動車の画像を見る(3枚)

画像ギャラリー

最新記事