ホンダからスタイリッシュさを追求したミドルクラス・マシンが続々と登場 【EICMA2018現地レポート】

ホンダはイタリアで開催中のEICMA2018で、「CB650R」や「CBR500R」などミドルクラスの新型車を発表しました。

「ネオ・スポーツ・カフェ」スタイルの「CB650R」など、注目の新型車が初披露

 ホンダは、EICMA2018に出展するヨーロッパ向けの2019年モデルのラインアップを発表しました。発表会場には、注目度の高いホンダだけに世界各国のプレスが多数参加。プレゼンテーションでは、発売される5車種がお披露目されました。

「ホンダ」がイタリアで新型オートバイを初披露

 500ccシリーズとして紹介されたのは、「CBR500R」「CB500R」「CB500X」の3車種で、特にCB500Xへの注目度の高さが伺えます。オフロード走行やオンロード走行に適したスタイリングは、欧州のユーザー好みのデザインです。
 
 また、650ccシリーズとして「CB650R」と「CBR650R」も登場。ミドルクラスのスポーツバイクならではの性能と、スタイリッシュな姿が初披露されました。

CBR500R

「CBR500R」は、「CBR650R」と同様によりシャープなスタイリングを採用することで、「CBR1000RR Fireblade」のイメージを踏襲。スポーティーなライディングポジションとすることで操る楽しみも向上しています。

CB500X

「CB500X」は、フロントに19インチタイヤを採用するとともに、前後サスペンションのストロークを伸長することで、アドベンチャーモデルのイメージを高めています。

CB500R

「CB500R」は、今年日本でも販売開始されたCBシリーズの中型排気量を補うモデルとして「CB650R」共にラインナップに加わりました。外観は、CBシリーズを踏襲したシャープで存在感があるデザインとされ、扱いやすい水冷4ストローク2気筒エンジンを搭載することで、スポーティーな走りも実現しています。

CB650R

 新たな「ネオ・スポーツ・カフェ」スタイルの「CB650R」は、カフェレーサーのデザインエッセンスと、凝縮した台形プロポーションを融合させた個性的なスタイリングを実現したモデルです。直列4気筒エンジンは、より力強い出力特性を図るとともに、ホンダセレクタブルコントロールとアシストスリッパークラッチを採用することで、操る楽しさと上質なライディングフィーリングが追求されています。

CBR650R

 シャープでアグレッシブなラインを強調したフェアリングや、ショートタイプのリアデザインを採用した「CBR650R」は、スーパースポーツモデル「CBR1000RR Fireblade」を彷彿させるスタイリングを実現。「CBR650F」の後継モデルとして、外観の一新を図るとともに、高回転域での出力を向上させるなど、スポーツモデルとしてのトータル性能の向上が図られました。

※ ※ ※

 ホンダは今回発表されたうちのCB650R、CBR650R、CBR500R(日本ではCBR400R)、CB500X(日本では400X)の4車種の国内販売を予定しています。

【了】

ホンダ新型オートバイの画像を見る(21枚)

画像ギャラリー

最新記事