トヨタ「ヴェルファイア」 マイナーチェンジから中古車情報までを紹介

トヨタのヴェルファイアは、2008年に初代モデルが登場し、2015年から2代目にフルモデルチェンジ。トヨタのミニバンラインナップの中核を担うクルマです。都度、改良が施される「ヴェルファイア」の良さはどこにあるのでしょうか。

マイナーチェンジから中古車の情報まで、人気の理由がどこに?

 トヨタのヴェルファイアは、2008年に初代モデル(20系前期/20系後期)が登場し、2015年から2代目(30系前期/30系後期)にフルモデルチェンジ。トヨタのミニバンラインナップの中核を担うクルマです。

トヨタ「ヴェルファイア(エアロボディ・ガソリン仕様)」

 2017年12月には姉妹車アルファードとともにマイナーチェンジされ、先進安全装備やエクステリアデザイン、燃費面の改善、ボディカラー変更などの改良を実施しています。

 マイナーチェンジ後の新型モデルといえる現行アルファードは、ハイブリッド仕様(2.5リッターガソリンエンジン+フロントリアの2モーター)とガソリン仕様(2.5リッターガソリンエンジン/3.5リッターガソリンエンジン)のラインナップを展開。カタログ燃費は、ハイブリッドが18.4km/Lから19.4km/L、ガソリン仕様は10.4km/Lから12.8km/Lを実現しています。

 エクステリアは、ダイナミックさを表現した専用バンパーや内装を採用したエアロボディ仕様とモダンなデザインの標準ボディが設定され、グレードによって駆動方式(2WD/4ED)や乗車人数(7人/8人)が変わります。

 ヴェルファイアは、国内でもっとも大きなボディサイズのミニバンです。ボディサイズは、全長4935mm×全幅1850mm×全高1950mm、車両重量は1920kgから2240kgとなります。

 マイナーチェンジによって、トランスミッションが6速ATから8速ATに変更し、よりスムーズな加速を実現。また、ボディ剛性を強化しているために細かな振動や路面のゴツゴツ感を減少させ、乗り心地を向上させています。

 実際に試乗したユーザーの声では、「以前よりも信号スタートがスムーズに感じる」や「いままで、ボディが傾くとグラグラするように感じたがそれが抑えられた」という声があります。

 ヴェルファイアの新車価格(消費税込み)は、標準ボディ・ガソリン仕様「Xグレード(337万6080円)」からエアロボディ・ハイブリッド仕様「ハイブリッド エグゼクティブラウンジ Z(750万2760円)」。中古車市場では、初代モデル(20系前期/20系後期)が約70万円からとなり、現行モデル(30系前期/30系後期)は約100万円からの価格帯で流通しています。

 また、ヴェルファイアはカスタムパーツも豊富で、パーツ単体からカスタムコンプリート車などの販売も盛んに行われ、大口径ホイールや車高ダウンなどのカスタム方法が流行りのようです。

 ユーザーからは、新型モデルの登場を期待されますが、3代目となる新型は早くても2020年以降の登場と予想されています。

 ヴェルファイアは、他社にラインナップのない『高級ミニバン路線』として定着しています。ハイブリッド・ガソリンを選べるほか、比較的に手が届きやすい300万円前半から700万半ばという幅広い価格帯や豪華な装備など、選択肢の多さが人気の理由と言えるのではないでしょうか。
 
【了】

トヨタ人気のミニバン「ヴェルファイア」の詳細を画像で見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事