• くるまのニュース
  • バイク
  • スズキ「Ryuyo(竜洋)」(GSX-R1000Rレースバイク)軽量化された最強チューニングバイクが登場【EICMA2018】

スズキ「Ryuyo(竜洋)」(GSX-R1000Rレースバイク)軽量化された最強チューニングバイクが登場【EICMA2018】

スズキは、スーパースポーツ「GSX-R1000R」をベースにチューニングを施したスペシャルバイク「Ryuyo(竜洋)」をEICMA2018で発表します。

チューニングメーカーが手を加えた最強の「GSX-R1000R」が登場

 スズキのテストコース「竜洋(りょうよう)」の名が与えられたこのモデルは、同社の誇るスポーツバイク、「GSX-R1000R」をベースに「Suzuki Italia」が「ヨシムラ」などのチューニングメーカーと共同で開発したものです。

スズキ「Ryuyo(竜洋)」

 オールカーボンファイバーのフェアリングやオーリンズ製ステアリングダンパー、ブレンボ製ブレーキユニット、ヨシムラ製チタンエキゾーストなどを備えた「Ryuyo(竜洋)」は212PS、車重168kgと驚異的なスペックを誇っています。

 ベース車両の「GSX-R1000R」は、2017年に日本に導入されたスーパースポーツバイクで、搭載される999cc直列4気筒エンジンには全回転域で安定した出力を発揮するため、MotoGPで開発した技術「ブロードパワーシステム」を採用しています。

「GSX-R1000」は、レース活動で培った最新技術を車両にフィードバックし、軽量/高出力な高性能スポーツバイク「GSX-R」シリーズの最上位モデルとして2001年より欧州、北米等で販売を開始。輸出専用車として、これまでに全世界で累計20万台以上が販売されました。

 また、「GSX-R1000」をベースにしたレース車両は、世界耐久選手権で11回のタイトルを獲得するなど、数々のレースで実績を残しています。

【了】

スズキ「Ryuyo(竜洋)」の画像を見る(4枚)

画像ギャラリー

最新記事