BMWが5m超の大型SUV 新型「X7」発表! ラグジュアリー3列シートSUVの日本上陸は2019年夏

2018年10月17日、BMWは新型の大型SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)「X7」を海外で発表。日本のホームページでもその姿を明らかにしました。

ラグジュアリーさと高い走破性を高次元で両立するBMW「X7」が誕生

 BMWは2018年10月17日にSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)の新型車「X7」を発表。Xシリーズ最大のボディサイズと優雅さ、上品さを追求した一台として2019年3月より海外市場に導入します。

迫力あるフロントマスクを備えたBMW「X7」

 米国で生産されるこのモデルの全長×全幅×全高は、5151mm×2000mm×1805mmとされており、既存のXシリーズで最大の「X6」の4925mm×1990mm×1700mmよりもさらに巨大な車体となっています。

 伝統のキドニーグリルを採用することで一目でBMWと分かるエクステリア・デザインが与えられた「X7」は、上下2分割となったリアゲートや長いルーフ、LEDヘッドライト、クロームを施した各部ディテールなどで、圧倒的な存在感と個性を表現しました。

 標準では7人乗りの3列シートモデルとなっている「X7」には、オプションとして2列目を2シーターとした仕様も用意。シートを起こした状態では326リットルのラゲッジルームは、3列目を倒せば750リットル、さらに2列目を倒せば2120リットルの大容量スペースに様変わりします。

 また、モダンで高級感のあるインテリアを備えたこのモデルは、サンルーフを広範囲に展開することで、開放感のある室内空間を実現しました。

 その他「X7」ではアクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ・アンド・ゴー機能付)や、車線変更および車線はみだし警告、車線維持アシスタントおよび側面衝突保護、回避措置、ヘッドアップディスプレイなど最新の安全運転支援機能も搭載。リアビューカメラとリバーシング・アシスタントを標準装備することで駐車も容易に行えます。

 海外ではX7 M50d/X7 xDrive50i/X7 xDrive40iの3車種が発表さた「X7」ですが、BMWの広報に発売時期や日本導入モデルについて話をうかがったところ、「発売時期は2019年夏を予定していますが、導入モデルについては現状では未定です。」といいます。

 メルセデス・ベンツ「GLS」やキャデラック「エスカレード」のライバル車的存在となることが予想されるBMW「X7」がどのような仕様で国内に導入されるのか、気になるところです。

【了】

ギャラリー文言:BMW「X7」の画像を見る(15枚)

画像ギャラリー

最新記事