VW新型「ポロ」一部仕様変更 新たな装備を追加設定

フォルクスワーゲンは、2018年3月に導入された新型「ポロ」に新オプションと新インテリアカラーを追加設定。10月2日より発売を開始しました。

最新世代のデジタルメーターで使い勝手をさらに向上

 フォルクスワーゲンは、2018年3月に導入された新型「ポロ」に、新たなオプションとインテリアカラーを追加設定し、10月2日より発売を開始します。

新オプションとインテリアカラーが追加された新型「ポロ」

 新たに設定されたオプションである『テクノロジーパッケージ』は、最新世代のデジタルメータークラスター(各種メーターを集合させたユニットパネル)「 アクティブインフォディスプレイ」と「スマートフォン・ワイヤレスチャージング」がセットになったもので、先進的なレイアウトにより使い勝手をさらに向上させました。
 
 このオプションは、新型「ポロ」のスポーツモデルである「ポロ GTI」には既に設定されており、購入するユーザーの約9割が選択するという人気オプションの一つです。
 
 また、新たに有償オプションボディカラーとなった「リーフブルーメタリック」と「エナジェティックオレンジメタリック」を選択した場合、ダッシュパッド及びセンター コンソールがボディカラーと同色に変更。「ハイライン」の場合には、さらにシートファブリックにもボディカラーと同色のラインがデザインされます。
 
 新オプションの価格(消費税込)は、『テクノロジーパッケージ』が7万200円。有償オプションボディカラーの「リーフブルーメタリック」と「エナジェテックオレンジメタリック」は3万2400円です。

【了】

新型「ポロ」の詳細を画像で見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事