新しい「iPhone」発表 CarPlayが搭載されたiOS12により機能拡充

米国アップルは9月12日(日本時間9月13日午前)、新機種となる「iPhone Xs」「iPhone Xs Max」「iPhone XR」を発表し、搭載されていれるiOS12のCarPlayも刷新されました。

世界各国の自動車メーカーが搭載、CarPlay新しい機能とは?

 9月12日(日本時間9月13日午前2時)にアップルは、新機種となる「iPhone Xs」「iPhone Xs Max」「iPhone XR」を発表し搭載されているApple CarPlayの機能も刷新しました。CarPlayは、2014年iOS7のアップデートとして提供され、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5で使うことができました。

アップル最高経営責任者(CEO)ティム・クック

 世界各国の自動車メーカーが搭載しているApple CarPlayは、運転中にiPhoneを使用するために車載ディスプレイを通し直接操作できるアプリケーションです。例えば地図を調べ行き先を決める、電話をかける、音楽を聴くなど様々な用途を車体とiPhoneを連動させる事でカーライフを充実させてくれます。

 CarPlayは、アプリケーション自体が車で使用することを想定し設計されています。

 運転中には、iPhoneの音声コントロール機能Siri(シリ)を使う事で、車のスイッチやタッチスクリーンなどと連携させCarPlayを使用することも可能です。

 iPhoneがメッセージや通知を受け取ると、Siriが音声による指示に反応し、メッセージの内容を読み上げ、ドライバーが口頭で話したメッセージを書き起こして返事することもできます。

新しいCarPlayはどこまで進化したのか(写真:従来仕様のCarPlay)

 今回発表されたApple CarPlayは、今までAppleのマップを使用していましたが、新しいiPhoneに搭載されているiOS12では、他社製の経路案内アプリケーションに対応し、運転中にディスプレイから使い慣れたアプリケーションを自由に選ぶことができます。

 現在主要な自動車メーカーはAppleと提携し、ホンダやトヨタ、400を超える車種がCarPlayに対応しています。さらに、CarPlayは、自動車メーカーが独自で開発したiPhone用アプリケーションにも対応しコントロール可能です。

 今回発表された「iPhone Xs」「iPhone Xs Max」「iPhone XR」の日本での発売時期は、「iPhone Xs」「iPhone Xs Max」が9月14日予約開始で10月21日、「iPhone XR」は、10月19日から10月26日国内販売となっており、発売後の各自動車メーカーの対応や新機能などにについては後日レポートします。

 価格は、「iPhone Xs」11万2800円(税抜)から、「iPhone Xs Max」12万4800円(税抜)から、「iPhone XR」8万4800円(税抜)からです。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

最新記事