トヨタ 新型「シエンタ」、歌舞伎顔がシンプルに! 5人乗り2列シートも新設定

従来の3列シートモデルよりも広くフラットなラゲッジスペースが与えられた2列仕様「シエンタ」がトヨタから発売されました。

2列シートの追加でフラットかつ大容量のラゲッジルームを実現

 トヨタ自動車はコンパクトミニバン「シエンタ」をマイナーチェンジし、9月11日から発売します。これまで3列シート仕様のみでしたが、新たに2列シート仕様の5人乗りモデルがラインナップされます。

アウトドアや車中泊に最適な2列シートモデルを追加した「シエンタ」

 今回のマイナーチェンジにより「FUNBASE X」「FUNBASE G」グレードが追加されました。シートを倒した際にフラットで大容量のラゲッジルームを実現する2列シート仕様モデルとして設定され、アウトドアや車中泊に適したグレードとなっています。

PRコンパクトなミニバン!シエンタの中古車を見る

 この2列シート仕様のラゲッジルームには、『ユーティリティーフック』や『システムバー』が装着可能な『ユーティリティホール』を設置し、ラゲッジルームの多彩なアレンジが可能になりました。

 エクステリアではフロントバンパーをスポーティな印象にデザインを変更しています。

 エンジンは従来型と同じく1.5リッターのガソリンエンジンと、1.5リッターのハイブリッドですが、燃費はガソリン車が20.2km/Lと変わらないものの、ハイブリット車が「アクア」と同様の、平成32年度燃費基準+50%となる28.8km/Lと、低燃費化を実現しています(JC08モード)。

 また、アクセルの踏み間違い時などに障害物を検知して自動でブレーキをかける『インテリジェント・クリアランスソナー』や、歩行者(昼間)検知機能を追加した『Toyota Safety Sense』、車両を上から見たような映像をナビゲーション画面に表示する『パノラミックビューモニター』などの先進安全装備も強化されました(一部モデルではオプション設定)。

 ほかにもスライドドアが閉まりきる前にロック予約ができる『パワースライドドア予約ドアロック機能』、日本初となる後席への荷物の置忘れを通知する『リアシートリマインダー』など装備が充実しています。

 トヨタ新型「シエンタ」の価格(消費税込)は、177万6600円から253万2600円となっています。

【了】

マイナーチェンジした「シエンタ」の詳細を画像で見る(22枚)

【まだ間に合う!】夏休みお得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

最新記事