ホンダ新型「CR-V」発売 3列シートSUVとホンダ初のSport Hybrid i-MMD+AWDも搭載!

満を持しての発売となった「CR-V」。一度は販売が終了していましたが、ダウンサイジング・ターボとハイブリッドの2ラインナップで再登場となりました。

「CR-V」の本質を見直し、全方位に渡って進化

 1995年に登場して以来、日本はもとより北米や欧州、アジアなど世界各国で高い評価を得てきたホンダのSUV『CR-V』がフルモデルチェンジし、8月30日に発売されました。

 2016年の8月までは日本でも販売されていたものの、一旦は日本市場から姿を消していた「CR-V」ですが、既に海外では新型がリリースされており、北米で43万台、中国で19万台、欧州で5万台、アジア圏で5万台と好調なセールスを記録していました

既に海外で高い評価を得ている新型「CR-V」。優れた走行性能と広々とした居室空間が魅力です。

 今回のモデルチェンジではシリーズ初となるハイブリッドモデルと、同じくCR-V初の3列シート(ガソリン車)を可能にしたパッケージングが注目を集めています。

PRホンダの誇るSUV!CR-Vの中古車をコチラ

「クルマのフルモデルチェンジは、世界中にいらっしゃるお客様の期待をこえるものでなくてはなりません」と開発責任者の永留高明氏が語るとおり、新世代のプラットフォームやリアルタイムのAWDなど、全方位を進化させた今回のモデルは、その随所に「ホンダ」の技術を採用しています。

新型「CR-V」の詳細を画像で見る(16枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事