悲運のスーパーカー マセラティ「ボーラ」誕生物語 ラグジュアリースポーツの開祖は生誕50周年

ルーフパネルはステンレス製で上品な印象
チルト式のリヤカウルは三面をガラスで構成される
ボーラのインテリア。シートの前後調節などは油圧作動でおこなわれる
1971年ジュネーヴ・ショーで発表されたマセラティ・ボーラ
1971年ジュネーヴ・ショーで発表されたマセラティ・ボーラ
開発初期にイタルデザインによって作成されたというデザインスケッチ
開発初期にイタルデザインによって作成されたというデザインスケッチ
開発初期のデザインスケッチでは、ホイールベースが2450mmと想定していたことが明示されている
生産型ボーラのスタイリングにかなり近くなったデザインスケッチ。達者な画力はジウジアーロの特徴でもある
ボーラと並行して開発・生産されたFRグラントゥーリズモ「カムシン」
ボーラの前任モデルにあたる名作「ギブリ」
ボリューム感のある「ボーラ」のノーズ
ボーラの透視図。長めのホイールベースやV8・4カムエンジンなどが良くわかる

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント