BMW新型「M3」を80馬力アップ! ACシュニッツァーの普段遣いできるチューニング内容とは

フロントスプリッターとフロンドサイドウイングがACシュニッツァーのオリジナルだ
ACシュニッツァーのオリジナルのパーツは、リアルーフスポイラー、リアスポイラー、カーボン製レーシングリアウイング、レーシングリアウイング用ガーニーフラップ、カーボン製リアディフューザー
前後のエアロパーツで、ダウンフォースがバランスされている
M3専用に開発されたフロントサイドウイングを装着すると、サーキットでのコーナリングスピードを高めることが可能となる
M3専用に開発されたフロントサイドウイングを装着すると、サーキットでのコーナリングスピードを高めることが可能となる
ホイールは軽量鍛造のAC3に、G80M3用として20×10.0Jサイズを用意
タイヤサイズは、フロントが285/30R20、リアは295/40R20
リアルーフスポイラーのラインナップは、ACシュニッツァーらしい
デザインパッケージは、ボンネットカバーとサイドフィンがセットとなる
デザインパッケージは、ボンネットカバーとサイドフィンがセットとなる
サイドスカートプロテクションフィルム
カーボン製レーシングリアウイング
50kgのダウンフォースを発生するカーボン製レーシングリアウイング
実際にサーキットでサスペンションなどのセッティングが煮詰められた
実際にサーキットでサスペンションなどのセッティングが煮詰められた
ACシュニッツァーはG80型M3を、快適な乗り心地を持つ日常的なクルマであると同時に、コーナリングやレースに適したスポーツカーでもあると考えている
フロントを15mmから20mmローダウンできるスプリングキットを装着
エキゾーストはオールステンレス製で、片側2本のφ110mmカーボンテールパイプを持つ
フロントを15mmから20mmローダウンできるスプリングキットを装着
590ps・750Nmへと、ノーマルから80ps・100Nmの出力向上を実現した
エキゾーストは、サウンドの音量ではなく音質を変えつつ排気効率向上を実現
今回追加された「M3」用のアイテムは、基本的には「M4」に準じたエアロパーツとなっているようだ
ACシュニッツァーは、最新「M3」を快適な乗り心地を持つ日常的なクルマであると同時に、コーナリングやレースに適したスポーツカーに仕立てた

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 車メーカーのデーターをまとめてくれて、ありがとうございます。